FIA F2 Spielberg

ハウガー、デュルクセンを0.008秒下して最速! フィーチャーレースのPP獲得。宮田莉朋大苦戦で21番手|FIA F2シュピールベルグ予選

FIA F2のシュピールベルグ戦の予選がレッドブルリンクを舞台に行なわれ、MPモータースポーツのデニス・ハウガーが、AIXレーシングのジョシュア・デュルクセンを僅差で下してポールポジションを獲得。宮田莉朋(ローディン)は大苦戦を強いられた。

Dennis Hauger (NOR, MP Motorsport)

Dennis Hauger (NOR, MP Motorsport)

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

 FIA F2の第7ラウンド、シュピールベルグ戦の予選が行なわれ、デニス・ハウガー(MPモータースポーツ)がトップタイムを記録。日曜日に行なわれるフィーチャーレースのポールポジションを獲得した。ローディンの宮田莉朋は21番手だった。

 30分で行なわれるF2の予選。開始早々、AIXレーシングのテイラー・バーナードがピットレーンで動けなくなってしまうトラブルが発生。バーナードは、各車が予選アタックに出ていこうとピットレーンで隊列を組んでいた際、横からポール・アーロン(ハイテック)が強引に合流したことにより、ストールしてしまったのだった。

 エンジンをかけ直したバーナードは、問題なくコースに出ていくことができた。アーロンの動きについては、アンセーフリリースだった可能性があるとして、セッション後に審議されることになった。

 セッション序盤、好調な走りを見せたのがカンポスのアイザック・ハジャーである。ハジャーは1分15秒828と圧倒的なトップタイムを記録し、まさに絶好調かと思われた。

 しかしその直後、ハジャーはマシンの後方から白煙を激しく吹き上げてスローダウン。エンジンブローと思われる症状でピットに戻ることになった。

 セッション前半を終えた段階でハジャー首位、2番手アーロンと、トラブルや審議を抱えたマシンが上位2台を占めた。3番手にはハウガーがつけ、4番手にはガブリエル・ボルトレト(インヴィクタ)が並んだ。宮田は6番手というまずまずのポジションでセッションを折り返した。

 残り10分を切ろうというところから、各車が再びコースイン。ポールポジションを狙うアタック合戦が繰り広げられた。

 ここでハウガーが1分15秒487を記録し、一気に首位浮上。2番手は目まぐるしく入れ替わったが、AIXレーシングのジョシュア・デュルクセンがハウガーに匹敵するタイムで2番手につけた。

 一方の宮田は、2セット目のタイヤでの最初のアタックがうまくいかず、21番手まで後退することになった。チームメイトのゼイン・マローニも同様で、20番手だった。

 各車はこの2セット目のタイヤで2度目のアタックへ。そんな中アーロンはターン6で激しくスピンを喫し、タイヤを完全に壊してしまった。また、その他のマシンも、ほとんどがペースを上げられず。そのままピットに戻ることになった。

 最後まで諦めずにアタックしたのは宮田だ。宮田は残り3秒というところでコントロールラインを通過し、最後のアタックに挑んだ。しかしセクター1でもセクター2でも自己ベストタイムを記録できず、アタックを完了せずにピットに戻った。

 結局、最速はハウガーでタイムは1分15秒487。日曜日のフィーチャーレースのポールポジションを獲得した。2番手はデュルクセンで、ハウガーとの差はわずか0.008秒だった。ボルトレトが3番手、フランコ・コラピント(MPモータースポーツ)が4番手だった。

 ランキング首位のアーロンは予選5番手となったが、セッション後に審議にかけられることになっており、余談を許さない状況。セッション序盤にブローがあったハジャーは7番手に踏みとどまった。

 ローディン勢は振るわず、マローニ20番手、宮田21番手と、スプリントレース、フィーチャーレース共に後方からスタートすることになった。

 

前の記事 亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
次の記事 F1候補生ベアマン優勝! レッドブル育成マルティ下す。宮田莉朋22位|FIA F2シュピールベルグ・スプリントレース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本