「F2でタイトル獲得が最優先」と語るノリス。今週末もFP1出走へ

シェア
コメント
「F2でタイトル獲得が最優先」と語るノリス。今週末もFP1出走へ
執筆: Jack Benyon
2018/08/31 4:31

ランド・ノリスは、今週末もFP1に出走するものの、F1よりもF2でタイトルを獲得することが優先だと話した。

 マクラーレンの育成ドライバーであり、カーリンからFIA F2に参戦しているランド・ノリスは、先週末のベルギーGPに続いて今週末もFP1に参加する。彼は、あくまでもF2でタイトルを獲得することが最優先だと主張した。

 ノリスは、前戦スパのレース2で2位に入賞した。これによりメルセデスの育成ドライバーであり、タイトル争いのライバルであるジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)とのポイント差を5ポイントまで縮めた。

 またスパでは、ノリスは初めてマクラーレンからFP1に参加した。ここで彼はストフェル・バンドーンを上回るタイムを残したが、この時バンドーンはマシンにトラブルを抱えていた。彼は今週末のイタリアGPでもFP1出走する予定であり、2週続けてF1とF2という両方の仕事をこなすことになる。

 彼は自身の将来のためにもF2でタイトルを獲得することが重要であると考えており、2019年のマクラーレンのシートを得るためにチームに印象を残すこととバランスを取らなければならないと話した。

「F2は本当に重要だ」と彼はmotorsport.comに話した。

「マクラーレンは僕にF2で結果を残すことを望んでいるので、自分がうまくやれないままシーズンが進むというのは好ましくない」

「自分の履歴書に『F2でタイトルを獲得した』と書けるなんて最高だ。僕は2位で終わりたくないので、可能な限りのベストを尽くす」

「F2か、あるいは他のものを優先する必要があるのならば、僕は両方でベストなものを手にしたい」

「僕はF2を大いに優先している。F1のためにたくさんの準備をすることはできない。ある時点までは、準備の方法はどちらも似ていてる」

「50/50と言えるだろう。僕は両方をうまくやらなければならない」

ラッセル、スパで苦戦もタイトルに自信

 現在F2のランキング首位に立っているラッセルは、今週末のモンツァに向けて、自身とチームには”いくつかやらなければならない仕事”があると考えている。

 彼は先週末のスパでレース1を3位、レース2を7位という成績で終えた。今シーズン、ラッセルはここまで4勝を挙げている。対するノリスは1勝だ。だがシーズン前半はラッセルが様々な信頼性のトラブルに見舞われており、その一方でノリスは安定性を見せていたことから、チャンピオンシップは最後の最後まで争いが続くことになりそうだ。

「僕らにとって、スパは今年最も厳しい週末だった」と語ったラッセル。彼もまたF1のシートを争っているが、シートが空くかどうかは不明だ。

「僕たちのマシンや僕のドライビングスタイルに合っていたとは思えない」

「伝統的なスタイルのサーキットであるモンツァでは、やらなければならない仕事がある。僕たちは(スパで)たくさんのことを学んだし、ポイントを獲ることもできた」

「だけどチャンピオンシップを争うことを考えると、あれでは不十分だ」

「今の時点では、自分の思った通りにできていない。でも僕らはまだ(チャンピオンシップを)リードしているし、タイトルを獲れると自信を持っている」

次の FIA F2 ニュース
マルケロフ、ウイリアムズの候補に浮上? F1昇格なければ引退も示唆

前の記事

マルケロフ、ウイリアムズの候補に浮上? F1昇格なければ引退も示唆

次の記事

F2モンツァ予選:ラッセルが4度目ポール獲得。日本勢は7列目に並ぶ

F2モンツァ予選:ラッセルが4度目ポール獲得。日本勢は7列目に並ぶ
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
執筆者 Jack Benyon
記事タイプ 速報ニュース