4戦出場停止のフェルッチ、”重大な違反”によりトライデントとの契約解除

シェア
コメント
4戦出場停止のフェルッチ、”重大な違反”によりトライデントとの契約解除
執筆: Jack Benyon
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/19 10:37

トライデントは、シルバーストンでの危険行為により4戦出場停止が決まっているフェルッチとの契約を解除した。

Santino Ferrucci, Trident
Santino Ferrucci, Trident
Santino Ferrucci, Trident
Santino Ferrucci, Trident
Santino Ferrucci, Trident

 F2に参戦しているトライデントは、”重大な違反”があったとして4レースの出場停止処分を科されているサンティノ・フェルッチとの契約を解除した。

 フェルッチは、シルバーストンのレース1でチームメイトのアージュン・マイニと接触し、タイム加算ペナルティを科された。翌日に行われたレース2でも両者はレース中に接触し、レース後のクールダウンラップではフェルッチがマイニに故意にマシンをぶつけた。

 F2はこの行為を重く受け止め、フェルッチに6万ユーロ(約787万円)の罰金を科した。

 さらにフェルッチは、レース後にF1のパドックからF2のパドックまでの間を、レーシング用のグローブを脱いだ状態でマシンを走行させた。その上、フェルッチの手には携帯電話が握られており、この一連の行動についても6000ユーロ(約79万円)の罰金の支払いが命じられた。

 チーム側は契約終了の理由として、罰金の支払いやフェルッチの行動を引き合いに出した。

 トライデントが出した声明は、以下の通りだ。

「トライデント・モータースポートは、サンティノ・フェルッチとその保証人、つまりマイケル・フェルッチが代表を務める会社と話し合いを行い、チームとの契約終了を伝えた」

「この決断は、ドライバーの支払い義務に関する重大な違反や、シルバーストンで起きた出来事が動機となった」

「チャンピオンシップが開幕して以降、スポンサーによる支払いがないことを理由に、ドライバー(フェルッチ)は支払い義務の不履行を正当化してきた」

「こういった問題があるにもかかわらず、サンティノ・フェルッチは6月1~3日に行われたインディカーのデトロイト戦に出場するだけの資金を持っていたというのは不可解なことだ。彼はトライデント・モータースポートとの契約を尊重していなかった」

「トライデントは、完全に信頼を取り戻すのに必要な全ての手続きを有効にするために、弁護士に権限を与えた」

 

次の FIA F2 ニュース
F2、スタート問題対策パーツをテストし、スタンディングスタート復活へ

前の記事

F2、スタート問題対策パーツをテストし、スタンディングスタート復活へ

次の記事

レッドブル、ティクトゥムのF2途中参戦否定「F3で成績を残すのが先」

レッドブル、ティクトゥムのF2途中参戦否定「F3で成績を残すのが先」
Load comments

この記事について

シリーズ FIA F2
ドライバー サンティノ フェルッチ
チーム トライデント
執筆者 Jack Benyon
記事タイプ 速報ニュース