F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F2アゼルバイジャン予選:松下驚速タイムでPP獲得! 17年モンツァ以来2度目

シェア
コメント
F2アゼルバイジャン予選:松下驚速タイムでPP獲得! 17年モンツァ以来2度目
2019/04/26 12:43

F2アゼルバイジャンラウンドの予選が行われ、カーリンの松下信治がポールポジションを獲得した。

 FIA F2アゼルバイジャンラウンドの予選が行われ、カーリンの松下信治がポールポジションを獲得した。タイムは1分54秒555だった。

 直前に行われたF1のフリー走行1回目では、コース上にあるマンホールに安全上の問題が発生。点検、確認作業に時間がかかった結果、F2の予選は30分遅れでのスタートとなった。

 開始5分でショーン・ゲラエル(プレマ・レーシング)のマシンがターン8でストップ。セッションは赤旗中断となった。ゲラエルはコースマーシャルによる押しがけを試みるも、急発進したゲラエルのマシンの後輪にマーシャルが巻き込まれてしまうという非常に危険な場面もあった。幸いマーシャルは自力で立ち上がって歩いており、大事には至らなかったようだ。

 セッションが再開されると、各車最初のタイムアタックへ。この時点でのトップタイムは1分55秒468を記録したルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)で、ニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)、そしてフリー走行から好調の松下信治(カーリン)がそれに続いた。

 残り7分ごろから各車が一気にコースイン。ウォームアップランをじっくりと2周行った後、最後のアタックへと向かう。その結果タイムは軒並み向上し、激しいポール争いとなった。

 まずはデ・フリーズが1分54秒999でトップに。ギオットのタイムをコンマ5秒近く更新した。その後ギオットも自己ベストを更新するも、デ・フリーズには届かず。しかし、そのすぐ後ろにつけていた松下が1分54秒555という驚異的なタイムでトップに浮上。その後このタイムを上回るドライバーは現れず、松下のポールポジションが確定した。松下にとってはART時代の2017年のイタリアラウンドで記録して以来、自身2度目のPPとなった。

 2番手はデ・フリーズ、3番手にはギオットが入った。4番手以下はDAMSのセルジオ・セッテ・カマラ、フリー走行で速さを見せたジョーダン・キング(MPモータースポーツ)、ミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)が続いた。

 なお、松下が最前列からスタートするレース1は、4月27日(土)17時(日本時間)にスタート予定となっている。

→【リザルト】F2アゼルバイジャン:予選結果

次の記事
F2アゼルバイジャン:予選セッションは予定から30分遅れの20時30分スタートに変更

前の記事

F2アゼルバイジャン:予選セッションは予定から30分遅れの20時30分スタートに変更

次の記事

【動画】松下信治PP獲得! FIA F2アゼルバイジャン予選|ハイライト動画

【動画】松下信治PP獲得! FIA F2アゼルバイジャン予選|ハイライト動画
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Baku