F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F2事故で負傷のコレア、ビデオメッセージで無事な姿見せる

シェア
コメント
F2事故で負傷のコレア、ビデオメッセージで無事な姿見せる
執筆:
2019/10/09 2:02

F2スパラウンドのクラッシュで、重症を負っていたファン-マヌエル・コレアは、ビデオメッセージを投稿。事故死したアントワーヌ・ユベールへ哀悼の意を示した。

 9月に行われたFIA F2スパラウンドのレース1では大クラッシュが発生。この事故でアントワーヌ・ユベールが命を落とし、ファン-マヌエル・コレアが足に重傷を負った。

 コレアは足の手術が必要だったが、呼吸不全(急性呼吸窮迫症候群)を併発したことにより、足の手術に着手することができず、切断の危機に迫られた。

 ただ幸いにもコレアは呼吸不全を克服し、負傷した足の手術を実施。実に17時間に及ぶ大手術を乗り越えた。

 そして手術から10日。コレアは自身のインスタグラムにビデオメッセージを投稿した。

「戻ってきたよ。ソーシャルメディアに戻ってくることを決めたんだ」と、コレアはメッセージの最初に言葉を発した。

「あの事故から約5週間が経った」

「これまでに公に話したことはないけど、僕はユベールの家族に深い哀悼の意を捧げたかった。こうした事故は、みんなにとってショックだった」

「そういった事が起こるなんて、皆も本当に考えたこともないだろう。実際にそれが起こるまではね」

「たとえ回復の長い道のりが横たわっていたとしても、ここに居られることをただただ嬉しく思うよ」

 

 無事足の手術を終えたコレアは医師によると今後6週間で退院できると予想している。加えて医師の話では、コレアは来年、右足と足首の機能を完全に取り戻すための、理学療法やリハビリテーション、矯正手術などを受けることになるという。

次の記事
コレア、17時間に及ぶ外科手術を受ける。医師団は成功を確信

前の記事

コレア、17時間に及ぶ外科手術を受ける。医師団は成功を確信

次の記事

メルセデス傘下のHWA、アーデンを引き継ぎ来季からF2参戦へ

メルセデス傘下のHWA、アーデンを引き継ぎ来季からF2参戦へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
ドライバー ファン-マヌエル コレア
執筆者 David Malsher