F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
11 days

F2スパで負傷のコレア、英国へ移送も呼吸不全を発症。しかし状態は安定

シェア
コメント
F2スパで負傷のコレア、英国へ移送も呼吸不全を発症。しかし状態は安定
執筆:
2019/09/07 6:11

FIA F2のスパ・フランコルシャン戦レース1の事故で負傷したファン-マヌエル・コレアの家族が声明を発表。コレアはロンドンの病院に移送された後、呼吸不全を発症し重篤な状況にはあるものの、安定した状態にあると明かした。

 FIA F2のスパ・フランコルシャン戦のレース1で大クラッシュが発生し、アーデンのアントワール・ユベールが死去、ユベールのマシンに激突する形となったファン-マヌエル・コレア(チャロウズ)も重傷を負った。

 コレアは今週初め、最初に入院したベルギーのリエージュの病院から、ロンドンの病院に転院して治療を続けている。

 現地時間の金曜日夕方に発表された声明によれば、イギリスに到着したコレアは”急性呼吸窮迫症候群”と診断されたため、人工的な昏睡状態に置かれているという。この急性呼吸窮迫症候群は、肺に損傷が生じた際に起こりうる症例で、呼吸不全の一種であるという。

 コレアの家族の声明は、以下の通りとなっている。

「まず最初に、我々の息子を代表して、我々が受け取った素晴らしい言葉や気遣い、そして迅速な回復を願うというメッセージに対して、モータースポーツコミュニティ内外全ての人たちに感謝します。ファン-マヌエルがソーシャルメディアを見られるようになれば、全て自分の目で確認することになるだろうと、我々は確信しています」

「息子の率直さ、そして誠実さを尊重して、彼の怪我や体調の最新状況をお知らせしたいと思います。時間が経つに連れて、彼がベルギーで土曜日に受けた大きな衝撃の結果として、新たな合併症が表面化しました。ロンドンに到着したファン-マヌエルは、急性呼吸窮迫症候群と診断されました。この症例は、今回のような高い衝撃を受けた事故で一般的に考えられる事例です」

「残念ながら、この症状により、ファン-マヌエルは急性呼吸不全に陥りました。ファン-マヌエルは現在、呼吸器の損傷に特化した集中治療室にいます。現時点では彼は昏睡状態に人工的に置かれ、ECMO(心肺補助システム)にサポートされています。ファン-マヌエルは危機的ですが、安定した状態にあります」

「私たちの息子は、これまで常に途方もない戦いの意志と強さを発揮したように今回も我々を驚かせ、完全に回復することを確信しています」

「現時点では、我々のプライバシーを尊重していただけるよう、お願いしたいと思います。家族として、我々は団結して、ファン-マヌエルのために100%そこにいる必要があるのです」

「この機会を利用して、ユベール家の皆様に哀悼の意を表したいと思います。我々も心を痛めていますが、彼を失ったことが彼らにもたらした痛みを、想像することしかできません」

Read Also:

次の記事
F2モンツァ予選:アイロット難コンディションを制しPP。松下6位

前の記事

F2モンツァ予選:アイロット難コンディションを制しPP。松下6位

次の記事

F2モンツァ:ポイントリーダーのデ・フリーズが燃料違反で予選失格に

F2モンツァ:ポイントリーダーのデ・フリーズが燃料違反で予選失格に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
ドライバー ファン-マヌエル コレア
執筆者 Charles Bradley