F1
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
次のセッションまで……
06 時間
:
44
:
03
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
2 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

DAMS代表、F2開幕戦で活躍のティクトゥムを称賛「成熟したスポーツマンになった」

シェア
コメント
DAMS代表、F2開幕戦で活躍のティクトゥムを称賛「成熟したスポーツマンになった」
執筆:
2020/07/11 7:18

DAMSのチーム代表であるフランソワ・シカールは、今季からFIA F2にフル参戦しているダニエル・ティクトゥムが“成熟したスポーツマン”に成長したと語った。

 2020年のFIA F2にDAMSから参戦しているダニエル・ティクトゥムは、開幕戦シュピールベルクのレース1で5位、レース2で3位に入り、シーズンの好スタートを決めた。DAMSチーム代表のフランソワ・シカールは、ティクトゥムが心身共に成熟したドライバーになったと称賛した。

 元レッドブル育成ドライバーのティクトゥムは、2018年のユーロF3でランキング2位を獲得すると、翌2019年には日本のスーパーフォーミュラに参戦した。しかしながら3戦を戦ったのみでシートを失うと、レッドブルジュニアからも外されてしまい、以降はF3マカオGPとフォーミュラ・リージョナル欧州選手権を数レース戦ったのみで2019シーズンを終えた。

Read Also:

 しかしながら今季は心機一転、ウイリアムズF1チームで開発ドライバーを務めながら、DAMSからFIA F2にフル参戦を開始。開幕戦から躍動し、現在ポイントランキングで4番手につけている。

 ティクトゥムはこれまで、その精神的な未熟さを指摘されることが多かったが、それについてシカールはこう語った。

「人々はダンのことをあまり知らないんだ」

「私にとって、彼は若くてスマートな人間だ。確かに過去には少し気性の荒いところもあったが、経験を積むことで成熟し、自分のエネルギーをうまくコントロールできるようになった」

「契約を交わす前、我々は今季に向けてどのようなアプローチをすべきか話し合ったが、彼はより成熟した男、成熟したスポーツマンとして、DAMSに帰ってきたんだ」

 ティクトゥムの開幕戦の結果から、良いシーズンのスタートを切ったと言えるかと尋ねられたシカールは、次のように答えた。

「いや、“非常に”良いシーズンのスタートだった。彼が1年近く(F2相当のカテゴリーで)レースをしていなかったことを忘れてはならない。ライバルたちと比べても非常に長い期間だったんだ」

「彼の才能は誰もが知るところだが、彼はペースだけでなく、エンジニアたちとの準備や週末の対処法にも長けていて、非常に落ち着いていた。彼の速さを知っているからこそ、こういった点が重要なのだ」

 今季のF2は1ラウンド2レースを終えたばかりだが、ルーキーの活躍が目立っている。現在ランキング2番手につけているロバート・シュバルツマン(プレマ)、レース2で優勝を飾ったフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)、そして第2戦でポールポジションを獲得した角田裕毅(カーリン)、いずれもルーキーである。また、2018年に1ラウンドだけF2にエントリーしているティクトゥムも、実質的にルーキーと言える。

 この要因には、F2で今季から導入されたホイール径18インチのタイヤが関係しているのではないかと考えられている。昨季のチームチャンピオンであるDAMSを率いるシカールも、18インチタイヤの導入で昨季までのアドバンテージを失う可能性があると語った。

「(18インチタイヤ導入で)多くのことが変わった」とシカールは言う。

「18インチタイヤは、マシンの挙動にかなり大きな影響を与えている」

「我々がゼロからのスタートになるという訳ではないが、変化があったのでそれに順応しなければならない」

「(開幕戦は)ハードタイヤで走ったが、これまでよりもデグラデーション(性能劣化)が小さくなり、セッティングの仕方も変わった。我々はこれまで、デグラデーション(を抑えること)において非常に優れていたが、ハードコンパウンドでの優位性は小さくなっている」

「おそらく柔らかいコンパウンドでさえも、デグラデーションは過去よりも小さいはずだ」

 

Read Also:

F2シュピールベルク2予選:角田裕毅、デビュー2戦目にして初のポールポジション獲得!

前の記事

F2シュピールベルク2予選:角田裕毅、デビュー2戦目にして初のポールポジション獲得!

次の記事

F2シュピールベルク2:角田裕毅、レース1は悔しい悔しい2位。シュバルツマンが初優勝

F2シュピールベルク2:角田裕毅、レース1は悔しい悔しい2位。シュバルツマンが初優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Spielberg
ドライバー ダニエル ティクトゥム
チーム DAMS
執筆者 Marcus Simmons