F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
21 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
37 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
51 days

F2アブダビテスト初日:デレトラが最速。F2初走行の角田裕毅は16番手

シェア
コメント
F2アブダビテスト初日:デレトラが最速。F2初走行の角田裕毅は16番手
執筆:
2019/12/06 6:39

FIA F2のポストシーズンテスト初日は、チャロウズのルイ・デレトラがトップタイムを記録した。カーリンの角田裕毅は16番手だった。

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれているFIA F2ポストシーズンテスト。初日のトップタイムはチャロウズのルイ・デレトラで、日本勢は角田裕毅(カーリン)が16番手、佐藤万璃音(トライデント)が19番手だった。

 デレトラは午後のセッションで49周を走破し、終盤に1分50秒543を記録。ARTグランプリのマシンを走らせたマーカス・アームストロング、クリスチャン・ルンガーを上回った。

 4番手はプレマで2年目のF2シーズンを迎えることが決定しているミック・シューマッハー。5番手にはニキータ・マゼピン(カーリン)、6番手には周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がつけた。彼らはいずれも午前中にベストタイムを記録した。

 7番手からはF2ベテラン勢が3人続き、ショーン・ゲラエル(DAMS)が7番手、アーテム・マルケロフ(HWA)が8番手、ルカ・ギオット(トライデント)が9番手に入った。ゲラエルとマルケロフに関しては、今回のテストに参加したチームで来季のF2を戦うことが発表されている。ギオットは2020年からGTレースに転向予定で、R-モータースポーツの一員としてブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパに参戦することとなっている。なお、午後からギオットに代わりロイ・ニッサニーがトライデントのマシンのステアリングを握った。

 11番手以降は新顔が並ぶ。チャロウズから参加しているペドロ・ピケが11番手、元レッドブル育成で今季前半はスーパーフォーミュラを戦ったダニエル・ティクトゥム(DAMS)が12番手、2019年のFIA F3王者であるロバート・シュバルツマン(プレマ)は14番手だった。

 F2初ドライブとなる角田は、今シーズン松下信治がドライブしたカーリンのマシンを駆り、1分52秒155を記録して16番手だった。今季終盤にカンポスから参戦した佐藤は、トライデントのマシンをドライブ。1分52秒516で19番手だった。

■FIA F2アブダビポストシーズンテスト:初日タイム結果

1.ルイ・デレトラ(チャロウズ)1分50秒543
2.マーカス・アームストロング(ARTグランプリ)1分50秒798
3.クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)1分50秒923
4.ミック・シューマッハー(プレマ)1分50秒947
5.ニキータ・マゼピン(カーリン)1分51秒034
6.周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)1分51秒178
7.ショーン・ゲラエル(DAMS)1分51秒449
8.アーテム・マルケロフ(HWA)1分51秒523
9.ルカ・ギオット(トライデント)1分51秒570
10.カラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)1分51秒585
11.ペドロ・ピケ(チャロウズ)1分51秒685
12.ダニエル・ティクトゥム(DAMS)1分51秒692
13.ニコ・カリ(カンポス)1分51秒963
14.ロバート・シュバルツマン(プレマ)1分51秒977
15.ジュリアーノ・アレジ(HWA)1分52秒091
16.角田裕毅(カーリン)1分52秒155
17.フェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)1分52秒281
18.マハーヴィール・ラグナタン(MPモータースポーツ)1分52秒467
19.佐藤万璃音(トライデント)1分52秒516
20.ロイ・ニッサニー(トライデント)1分52秒881
21.ギリェルメ・サマイア(カンポス)1分53秒540

次の記事
ラグナタンのせい? FIA、下位カテゴリーへのライセンスポイント導入を議論

前の記事

ラグナタンのせい? FIA、下位カテゴリーへのライセンスポイント導入を議論

次の記事

ミック・シューマッハー、F2残留も「F1目指す上で役立つ」と前向き思考

ミック・シューマッハー、F2残留も「F1目指す上で役立つ」と前向き思考
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Abu Dhabi December testing
サブイベント Thursday
ドライバー ルイ デレトラ , Marcus Armstrong , Christian Lundgaard
チーム Charouz Racing System
執筆者 Valentin Khorounzhiy