F2ポストシーズンテスト2日目:最速はドルゴビッチ。日本勢3人は18〜20番手

FIA F2のポストシーズンテストの2日目が行なわれ、MPモータースポーツのフェリペ・ドルゴビッチがトップタイムをマークした。日本勢最上位はユニ-ヴィルトゥオーシの佐藤万璃音で、18番手だった。

F2ポストシーズンテスト2日目:最速はドルゴビッチ。日本勢3人は18〜20番手

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれている2021年FIA F2ポストシーズンテストは2日目が終了。総合トップタイムはフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)だった。

 テストの中日となる2日目。トップタイムのドルゴビッチは、1分35秒614というタイムをマークした。これは初日にユアン・ダルバラ(プレマ)が記録した1分35秒435からはコンマ2秒ほど劣るタイムだ。

 2番手には期待の新人、ジャック・ドゥーハン(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、3番手にはこちらもFIA F3からのステップアップが決まっているローガン・サージェント(カーリン)が入った。

 以下ダルバラ、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)、リアム・ローソン(カーリン)、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)までの7台は初日もトップ10に入っており、2日続けて好タイムを記録した形だ。

 日本勢は佐藤万璃音(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が18番手、岩佐歩夢(DAMS)が19番手、名取鉄平(トライデント)が20番手といずれも上位には食い込めず。ただ佐藤は自身のSNSで「順調にテストプログラムを進められてハッピー」だとコメントしている。

FIA F2ポストシーズンテスト:2日目結果

 順位 ドライバー チーム  タイム  差
フェリペ・ドルゴビッチ MPモータースポーツ 1'35.614  
ジャック・ドゥーハン ユニ-ヴィルトゥオーシ 1'36.079 0.465
ローガン・サージェント カーリン 1'36.155 0.541
ユアン・ダルバラ プレマ 1'36.228 0.614
テオ・プルシェール ARTグランプリ 1'36.258 0.644
リアム・ローソン カーリン 1'36.271 0.657
ユーリ・ヴィップス ハイテック 1'36.329 0.715
マーカス・アームストロング ハイテック 1'36.380 0.766
デニス・ハウガー プレマ 1'36.426 0.812
10  ジェイク・ヒューズ ファン・アメルスフォールト・レーシング 1'36.465 0.851
11  ラルフ・ボシュング カンポス 1'36.551 0.937
12  ロイ・ニッサニー DAMS 1'36.612 0.998
13  ファン・マヌエル・コレア チャロウズ 1'36.687 1.037
14  オリー・コールドウェル カンポス 1'36.720 1.106
15  ギリェルメ・サマイア チャロウズ 1'36.864 1.250
16  フレデリック・ベスティ ARTグランプリ 1'36.870 1.256
17  クレメント・ノバラク MPモータースポーツ 1'36.877 1.263
18  佐藤万璃音 ユニ-ヴィルトゥオーシ 1'37.000 1.386
19  岩佐歩夢 DAMS 1'37.094 1.480
20  名取鉄平 トライデント 1'37.150 1.536
21  アマウリ・コーディール ファン・アメルスフォールト・レーシング 1'37.480 1.866
22  カラン・ウィリアムズ トライデント 1'37.666 2.052
 
Read Also:

シェア
コメント
F2ポストシーズンテスト初日:プレマのダルバラがトップ。日本勢最上位は佐藤の12番手、岩佐17番手、名取21番手
前の記事

F2ポストシーズンテスト初日:プレマのダルバラがトップ。日本勢最上位は佐藤の12番手、岩佐17番手、名取21番手

次の記事

F2ポストシーズンテスト3日目:ドゥーハンがトップタイム。日本勢は岩佐歩夢が14番手

F2ポストシーズンテスト3日目:ドゥーハンがトップタイム。日本勢は岩佐歩夢が14番手
コメントを読み込む