F2へレス予選:ルクレール、今季8度目のポール獲得。松下信治は7番手

第10ラウンドの予選がへレス・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(プレマ・レーシング)が圧倒。今季8度目のポールポジションを獲得した。

 FIA F2選手権第10ラウンド、へレスの予選はシャルル・ルクレール(プレマ・レーシング)がポールポジションを獲得した。

 フリー走行でトップタイムをマークしたルクレールが、30分の予選セッションも勢いそのままに、序盤からトップに立った。ARTグランプリの松下信治は、最初のアタックでまず4番手につけた。

 ルクレールは、自分のタイムをさらに更新。セッション終盤に1分24秒682というタイムをマークした。

 このタイムを脅かすものはおらず、ルクレールが今季の予選10回中8度目のポールポジション獲得。2番手にはルカ・ギオット(ロシアン・タイム)、3番手にセルジオ・セッテ・カマラ(MP Motorsport)が続いた。松下は、最終的にタイムを伸ばせず7番手となった。

 また、今季の全日本F3選手権を戦っていたアレックス・パロウ(カンポス・レーシング)は今回がF2デビューレース。F2初の予選は11番手を獲得している。

 レース1は、明日の日本時間21時からスタートする。

 →【リザルト】F2第10戦へレス:予選

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
イベント名 Jerez
サーキット サーキット・デ・ヘレス
記事タイプ 速報ニュース