【F2スパ】レース2:セッテ・カマラがF2初優勝。松下は大クラッシュ

シェア
コメント
【F2スパ】レース2:セッテ・カマラがF2初優勝。松下は大クラッシュ
2017/08/27 9:32

FIA F2スパ・フランコルシャンのレース2が行われ、セルジオ・セッテ・カマラがF2初優勝を飾った。

 FIA F2スパ・フランコルシャンのレース2が行われ、MPモータースポーツのセルジオ・セッテ・カマラがF2初優勝を挙げた。

 先に報じられた通り、昨日行われたレース1の結果が変更になった。優勝したシャルル・ルクレール(プレマ・モータースポーツ)と3位のオリバー・ローランド(ダムス)が車両違反により失格となり、2位のアルテム・マルケロフ(ロシアン・タイム)が繰り上がりで優勝となった。

 マルケロフ以下の順位も変動し、8位がノーマン・ナトー(アーデン)、7位がロベルト・メリ(ラパックス)となって、彼らがレース2ではフロントロウからのスタートとなった。松下信治(ARTグランプリ)は16番手から、そしてルクレールとローランドはそれぞれ19番手と20番手からスタートした。

 フォーメーションラップでは、ラルフ・ボシュング(カンポス・レーシング)がエンジンストールで動き出すことができず、マシンはピットレーンへ戻された。

 スタートではセルジオ・セッテ・カマラ(MPモータースポーツ)が2列目から先頭を奪う。後方ではルクレールがアウト側から前を狙うもオーバーラン。しかしすぐにコースへ復帰した。それ以外の混乱はなく、オープニングラップを終えて先頭からセッテ・カマラ、ニック・デ・ブリーズ(レーシング・エンジニアリング)、ナトー、メリ、ルカ・ギオット(ロシアン・タイム)というトップ5となった。松下もふたつ順位を上げ、14番手につけた。

 3周目に入る頃には、ルクレールは12番手まで順位を上げ、最後尾スタートのローランドも13番手まで順位を上げていた。またレースの半分を消化するころには、ルクレールはポイント圏内の8番手まで浮上した。

 レース後半の14周目、エンジンの不調を訴えていたマルケロフがマシンをストップさせてしまう。

 さらに15周目、12番手まで順位を上げていた松下がラディオンを登り切ったところで大クラッシュ。リヤのコントロールを失い、かなりの勢いでタイヤバリアに衝突し、マシンを大破させてしまった。松下はマシンから自力で降りたものの、メディカルカーに乗り現場を後にした。またこのクラッシュによりセーフティカーが出動した。

 マシンの処理に時間がかかり、セーフティカー先導のまま最終ラップを迎え、そのままチェッカーとなった。スタートを成功させたセッテ・カマラがF2初優勝を挙げ、2位がデ・ブリーズ、3位がギオットとなった。以下ナトー、ルクレール、メリ、アントニオ・フォッコ(プレマ・モータースポーツ)、ローランドまでが入賞を果たした。

 次戦は来週モンツァで行われる。

 →【リザルト】FIA F2スパ・フランコルシャン:レース2

【関連ニュース】

ルクレールとローランド、車両違反でレース1の結果を剥奪

F2スパ レース1:ルクレールが6勝目。松下はトラブルで18位

GP3 スパ決勝2:アレジ、3戦連続レース2で優勝。福住は4位

アロンソ、複数のオファーを認めるも「決断を下すのは9月」

ウルフ「ベッテルとは将来について議論してない」

次の FIA F2 ニュース
【F2】ルクレールとローランド、車両違反でレース1の結果を剥奪

前の記事

【F2】ルクレールとローランド、車両違反でレース1の結果を剥奪

次の記事

F2、来年から使用する新マシン『F2 2018』を発表。F1との類似点も

F2、来年から使用する新マシン『F2 2018』を発表。F1との類似点も
Load comments

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント スパ・フランコルシャン
ロケーション スパ・フランコルシャン
ドライバー 松下 信治
記事タイプ レースレポート