【F2スパ】予選:赤旗中断もルクレールが今季7度目ポール。松下15番手

FIA F2スパ・フランコルシャンの予選が行われ、シャルル・ルクレールがポールポジションを獲得した。

 FIA F2スパ・フランコルシャンの予選が行われ、プレマ・モータースポーツのシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得した。

 このスパでのレースから、ルイス・デレトラズ(レーシング・エンジニアリング)とニック・デ・ブリーズ(ラパックス)が入れ替わり、デレトラズがラパックスへ、デ・ブリーズがレーシング・エンジニアリングへと移籍した。また、ロベルト・メリがセルジオ・カナマサス(ラパックス)に代わって出場することになった。

 直前に行われたF1のフリー走行に引き続き、F2の予選も雨の降る中で行われた。

 セッション序盤には、通常通り各車が一度アタックを行った。この時点ではシャルル・ルクレール(プレマ・モータースポーツ)がトップに立っていた。

 終盤にも再度アタックが行われていたが、残り4分を切ったところでセルジオ・セッテ・カマラ(MPモータースポーツ)がストップ。赤旗が出され、マシンの撤去作業が行われた。

 その後セッションが再開し、ルクレールが2分20秒842をマークし今シーズン7度目となるポールポジションを獲得した。2番手にはニコラス・ラテフィ(ダムス)、3番手にはオリバー・ローランド(ダムス)とダムス勢が続いた。松下信治(ARTグランプリ)は15番手だった。

 明日のレース1は、最低1回のタイヤ交換が義務付けられたレースで行われる。

 →【リザルト】FIA F2スパ・フランコルシャン:予選

【関連ニュース】

松下信治「F2でトップ3に入り、スーパーライセンスを獲得する」

マクラーレン育成のノリス、来季はプレマからF2昇格を目論む?

F1ベルギーGP FP2詳報:ハミルトン首位。フェラーリに0.2秒差

メルセデス、ベルギーGPでアップグレードしたエンジンを投入

アロンソ「今の状況に”爆発”しても仕方ない。皆を信じている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
イベント名 スパ・フランコルシャン
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー シャルル ルクレール
チーム プレマ・レーシング
記事タイプ 予選レポート