【F2】テスト2日目:ARTアルボンがトップ。初日首位の松下は12番手

バルセロナで開催された”新生”F2テスト2日目、ARTのアレクサンダー・アルボンが最速タイムをマークした。初日トップだった松下は12番手となった。

 GP2が名称を変更する形で誕生した、新生『FIA F2選手権』のプレシーズンテスト2日目がバルセロナで行われ、ARTグランプリのアレクサンダー・アルボンがトップタイムを記録した。マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを務め、初日トップタイムを記録した松下信治(ARTグランプリ)は12番手となっている。

 アルボンは、午前のセッション中にこの日のベストタイム、1分28秒225を記録した。ラパックスのジョニー・チェコットはアルボンから0.025秒と僅差で2番手。ロシアンタイムのアルテン・マルケロフが0.2秒遅れの3番手。ダムスのニコラス・ラティフィー、アーデンのノーマン・ナトーと続いた。

 午後のセッションは午前中のベストタイムを更新するマシンが少なく、セッション時間の大半でMPモータスポーツのジョーダン・キングが1分30秒前半というタイムでトップに立っていた。

 セッション残り1時間で、プレマに所属するフェラーリ育成ドライバーコンビ、アントニオ・フォッコとシャルル・ルクレールが1分29秒6を記録したが、最終的にマクラーレンの育成ドライバーであるニック・デ・ブリース(ラパックス)が1分29秒223で午後のセッショントップとなった。

 全体として、初日に松下が記録したベストタイム1分29秒061を12人のドライバーが上回った。松下自身も、わずかだが自己ベストを更新している。

 元F1ドライバーながらF2に参戦することを決めたロベルト・メリ(カンポス)は、初日から1.4秒ほどタイムを更新したが、18番手にとどまっている。

【関連ニュース】

【F2】”新生F2”初テスト。松下信治が記念すべきトップタイム

【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

【GP2, F1】GP2がFIA F2選手権に名称変更。F1への”ルート”が明確に

【F2】ロベルト・メリ、カンポス・レーシングからF2参戦か?

【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

バルセロナテスト2日目結果

Pos. Driver Team AM PM
1  アレクサンダー・アルボン ART Grand Prix 1:28.225 1:33.991
2  ジョニー・チェコット Jr. Rapax 1:28.250 1:29.847
3  アルテム・マルケロフ Russian Time 1:28.410 1:33.867
4  ニコラス・ラティフィー DAMS 1:28.429 1:33.813
5  ノーマン・ナトー Pertamina Arden 1:28.445 1:34.466
6  ルカ・ジョット Russian Time 1:28.541 1:33.557
7  オリバー・ローランド DAMS 1:28.642 1:33.723
8  アントニオ・フォッコ Prema Racing 1:28.655 1:29.601
9  ジョーダン・キング MP Motorsport 1:28.722 1:30.127
10  シャルル・ルクレール Prema Racing 1:28.805 1:29.602
11  ルイス・デレトラズ Racing Engineering 1:28.887 1:33.864
12  松下 信治 ART Grand Prix 1:29.040 1:34.073
13  セルジオ・セッテ・カマラ MP Motorsport 1:29.184 1:34.887
14  ニック・デ・ブリース Rapax 1:29.429 1:29.223
15  ラルフ・ボスチャング Campos Racing 1:29.248 1:30.885
16  セルジオ・カナマサス Trident 1:29.337 1:30.404
17  シーン・ジェラール Pertamina Arden 1:29.906 1:30.680
18  ロベルト・メリ Campos Racing 1:30.085 1:30.052
19  ナビル・ジェフリー Trident 1:30.588 1:30.518
20  グスタフ・マルヤ Racing Engineering   1:32.932

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
イベント名 Barcelona March testing
サブイベント Tuesday
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー アレクサンダー アルボン , アルテム マルケロフ , ジョニー チェコット
チーム ARTグランプリ
記事タイプ テストレポート