【F2】バルセロナテスト最終日:ナトーが首位。松下18番手

F2バルセロナテスト最終日のセッションが行われ、アーデンのノーマン・ナトーがトップタイム。松下信治は18番手だった。

 FIA F2選手権のバルセロナ合同テストは最終日を迎え、アーデンのノーマン・ナトーがトップタイムを記録した。

 ナトーはこの日、1分27秒834のベストタイムを記録。このタイムは、3日間を通じてベストのタイムだったが、昨年同時期に行われたテストでピエール・ガスリーが記録したタイムより、約0.5秒遅いモノだった(昨年、ガスリーは1分27秒386を記録している)。このナトーのタイムは、午前中に記録したモノで、午後に更新されることはなかった。

 2番手にはDAMSのオリバー・ローランドが0.054秒の差で続き、ARTグランプリのルーキーであるアレックス・アルボンが3番手に入った。この3人が1分27秒台を記録している。

 午後は、全車共にペースダウン。午前中の自身のベストタイムを更新したドライバーはひとりもいなかった。その中でも午後最速だったのは、ロシアン・タイムのルカ・ジオットで、1分29秒565。午後は1分29秒台を記録したドライバーも3人しかおらず、その他は1分31〜33秒台であった。

 昨年のGP3チャンピオンであるシャルル・ルクレール(プレマ)は9番手。ルクレールと同じくフェラーリ・ドライバー・アカデミーのアントニオ・フォッコ(プレマ)は10番手だった。

 初日にトップタイムを記録したARTグランプリの松下信治は18番手。元F1ドライバーのロベルト・メリは、19番手で3日間のテストを終えている。

【関連ニュース】

【F2】テスト2日目:ARTアルボンがトップ。初日首位の松下は12番手

【F2】”新生F2”初テスト。松下信治が記念すべきトップタイム

【F2】ロベルト・メリ、カンポス・レーシングからF2参戦か?

【GP2, F1】GP2がFIA F2選手権に名称変更。F1への”ルート”が明確に

【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

F2バルセロナテスト最終日結果

Pos. Driver Team AM PM
1  ノーマン・ナトー Pertamina Arden 1:27.834 1:33.050
2  オリバー・ローランド DAMS 1:27.888 1:32.709
3  アレクサンダー・アルボン ART Grand Prix 1:27.939 1:33.363
4 ニック・デ・ブリーズ Rapax 1:28.103 1:29.991
5 ルカ・ジオット Russian Time 1:28.177 1:29.565
6 アルテム・マルケロフ Russian Time 1:28.245 1:33.947
7 シーン・ジェラール Pertamina Arden 1:28.385 1:34.427
8 ニコラス・ラティフィー DAMS 1:28.391 1:34.713
9 シャルル・ルクレール Prema Racing 1:28.421 1:33.856
10 アントニオ・フォッコ Prema Racing 1:28.649 1:32.499
11 セルジオ・セッテ・カマラ MP Motorsport 1:28.661 1:35.078
12 ラルフ・ボスチャング Campos Racing 1:28.673 1:31.706
13 ジョニー・チェコット Jr. Rapax 1:28.692 1:29.827
14 ルイス・デレトラズ Racing Engineering 1:28.881 1:33.123
15 ジョーダン・キング MP Motorsport 1:28.816 1:33.926
16 グスタフ・マルヤ Racing Engineering 1:28.837 1:33.659
17 セルジオ・カナマサス Trident 1:28.859 1:31.149
18 松下信治 ART Grand Prix 1:28.901 1:33.595
19 ロベルト・メリ Campos Racing 1:29.486 1:31.057
20  ナビル・ジェフリー Trident 1:29.643 1:34.846
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
イベント名 Barcelona March testing
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー アレクサンダー アルボン , ノーマン ナトー , オリバー ローランド
チーム アーデン
記事タイプ テストレポート