【F2】バーレーン予選:昇格初戦のルクレールPP、松下信治6位

シェア
コメント
【F2】バーレーン予選:昇格初戦のルクレールPP、松下信治6位
2017/04/15 2:14

新生FIA F2開幕戦の予選が行われ、シャルル・ルクレールがポールポジション。松下信治が6番グリッドを獲得した。

Charles Leclerc, PREMA Racing
Charles Leclerc, PREMA Racing
Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix
Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix
Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix
Nyck De Vries, Rapax
Antonio Fuoco, PREMA Racing
Nyck De Vries, Rapax
Norman Nato, Pertamina Arden

 新生FIA F2選手権開幕戦の予選が行われ、昨年のGP3チャンピオンであり、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるシャルル・ルクレール(プレマ)が首位。ポールポジションを獲得した。

 ルクレールは残り10分というところで、1分38秒907を記録。各車のアタックを待つ格好となった。しかし多くのマシンがタイムアップを目指してアタックを行っていた残り2分というところで、ナビ・ジェフリー(トライデント)とグスタフ・マルヤ(レーシング・エンジニアリング)がクラッシュ。コースはこの影響でバーチャル・セーフティカーが宣言されてしまい、セッションが終了。ルクレールが新生F2最初のポールシッターとなった。

 ルクレールのチームメイトであるアントニオ・フォッコが2番手につけたが、終盤タイムアップを果たすことができず、0.678秒という大差になった。しかもフォッコは、予選中にアルテム・マルケロフ(ロシアン・タイム)のアタックを妨害したとして3グリッド降格のペナルティが科せられている。

 フォッコの降格の結果、予選3位のニック・デ・ブリーズ(ラパックス)、4位ノーマン・ナトー(アーデン)、5位のルカ・ギオット(ロシアンタイム)がそれぞれ1グリッドずつ昇格することになった。

 ホンダのHFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)の一員であり、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーである松下信治(ARTグランプリ)は、首位のルクレールからは1.1秒余り離されたものの、6番手と好位置につけた。

 なお、セッション終盤に起きたマルヤとジェフリーのクラッシュは審議が行われた結果、マルヤに非があったとして5グリッド降格のペナルティが科されている。

Alex Kalinauckas / Autosport

【関連ニュース】

 【F2】フリー走行:ローランドがトップタイム、松下信治は9番手

【F2】テスト2日目:松下信治は0.5秒差8番手。トップはラティフィー

【GP2, F1】GP2がFIA F2選手権に名称変更。F1への”ルート”が明確に

【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

FIA F2選手権開幕戦バーレーン予選結果

Pos. Driver Team Time Gap
1  Charles Leclerc PREMA Racing 1:38.907  
2  Antonio Fuoco PREMA Racing 1:39.585 0.678
3  Nyck de Vries Rapax 1:39.665 0.758
4  Norman Nato Pertamina Arden 1:39.696 0.789
5  Luca Ghiotto RUSSIAN TIME 1:39.948 1.041
6  Nobuharu Matsushita ART Grand Prix 1:40.011 1.104
7  Artem Markelov RUSSIAN TIME 1:40.018 1.111
8  Oliver Rowland DAMS 1:40.053 1.146
9  Alex Albon ART Grand Prix 1:40.140 1.233
10  Sergio Sette Camara MP Motorsport 1:40.168 1.261
11  Jordan King MP Motorsport 1:40.201 1.294
12  Johnny Cecotto Rapax 1:40.262 1.355
13  Nicholas Latifi DAMS 1:40.280 1.373
14  Louis Deletraz Racing Engineering 1:40.453 1.546
15  Gustav Malja Racing Engineering 1:40.473 1.566
16  Ralph Boschung Campos Racing 1:40.501 1.594
17  Sean Gelael Pertamina Arden 1:40.778 1.871
18  Sergio Canamasas Trident 1:40.810 1.903
19  Stefano Coletti Campos Racing 1:41.416 2.509
20  Nabil Jeffri Trident 1:41.604 2.697
次の FIA F2 ニュース
【F2】フリー走行:ローランドがトップタイム、松下信治は9番手

前の記事

【F2】フリー走行:ローランドがトップタイム、松下信治は9番手

次の記事

【F2】バーレーン レース1:マルケロフ優勝。松下レース2のPP獲得

【F2】バーレーン レース1:マルケロフ優勝。松下レース2のPP獲得
Load comments

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント バーレーン
ロケーション バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー シャルル ルクレール
チーム プレマ・レーシング
記事タイプ 予選レポート