【F2】バーレーン レース1:マルケロフ優勝。松下レース2のPP獲得

7番手スタートのマルケロフが完璧なタイヤマネジメントで勝利を奪取。松下信治は8位に入り、レース2のポールポジションを獲得した。

 GP2改めFIA F2の開幕戦、バーレーンラウンドのレース1が行われ、ロシアン・タイムのアルテム・マルケロフが優勝。松下信治(ARTグランプリ)が8位に入り、レース2のポールポジションを獲得した。

 ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレール(プレマ)はスタートを決め、レース序盤をリードする。2番手には3番グリッドからスタートしたノーマン・ナトー(アーデン)が上がり、ルクレールの後を追う。そして、DRSを使ってルクレールを攻略。ただ、先頭に浮上した後はルクレールを引き離すことはできず。7番手スタートから順位を上げていたマルケロフを含む三つ巴戦となった。

 首位に立ったナトーだが、次第にタイヤに苦しみ出す。そしてルクレールがターン1でやり返し、再び先頭に立つことになった。レースが中間地点を迎える頃、マルケロフのペースは衰えず、ナトーを攻略。その後、ルクレールに急接近した。

 ナトーは14周目に、ルクレールはその1周後にピットイン。ルクレールはナトーの前でコースに復帰したものの、ターン4でナトーがオーバーテイクを完了させ、順位を奪うことになった。

 マルケロフはピットインが遅れたためにナトーとルクレールに遅れをとる。しかし、上位2台がタイヤのマネージメントに苦しむ中、マルケロフは徐々に前ふたりとの差を詰めていく。29周目の最終コーナー立ち上がりでルクレールをパスすると、31周目のターン4でナトーを交わし首位に浮上。そのまま圧倒的なペースでナトーを一気に引き離し、最終的には7.891秒の差をつけてトップチェッカーを受けた。

 2位にはナトー、3位にはルクレールが入り、以下ジョーダン・キング(MPモータースポーツ)、オリバー・ローランド(DAMS)、アレクサンダー・アルボン(ARTグランプリ)の順でフィニッシュした。

 松下信治は長く9番手を走っていたが、最終ラップで8位に浮上。リバースグリッドで行われるレース2のポールポジションを獲得した。

【関連ニュース】

【F2】バーレーン レース2スターティンググリッド

【F2】バーレーン予選:昇格初戦のルクレールPP、松下信治6位

【GP2, F1】GP2がFIA F2選手権に名称変更。F1への”ルート”が明確に

【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

FIA F2 開幕戦バーレーン レース1決勝結果

Cla ドライバーチームLaps時間ギャップインターバルMphピットリタイアポイントBonus
1   6 russia  Artem Markelov  russia  RUSSIAN TIME 32 58'18.977     177.931 1   25 2
2   20 france  Norman Nato  Pertamina Arden 32 58'26.868 7.891 7.891 177.530 1   18  
3   1 monaco  Charles Leclerc  italy  Prema Powerteam 32 58'32.757 13.780 5.889 177.233 1   15 4
4   15 united_kingdom  Jordan King  netherlands  MP Motorsport 32 58'36.455 17.478 3.698 177.046 1   12  
5   9 united_kingdom  Oliver Rowland  france  ダムス 32 58'37.121 18.144 0.666 177.013 1   10  
6   8 thailand  Alexander Albon  france  ART Grand Prix 32 58'38.721 19.744 1.600 176.932 1   8  
7   5 italy  Luca Ghiotto  russia  RUSSIAN TIME 32 58'46.033 27.056 7.312 176.565 1   6  
8   7 japan  Nobuharu Matsushita france  ART Grand Prix 32 58'48.948 29.971 2.915 176.419 1   4  
9   2 italy  Antonio Fuoco  italy  Prema Powerteam 32 58'49.927 30.950 0.979 176.370 1   2  
10   18 netherlands  Nyck de Vries  italy  Rapax 32 58'54.703 35.726 4.776 176.132 1   1  
11   10 canada  Nicholas Latifi  france  ダムス 32 59'06.555 47.578 11.852 175.544 1      
12   14 brazil  Sergio Sette Camara  netherlands  MP Motorsport 32 59'09.123 50.146 2.568 175.417 1      
13   11 switzerland  Ralph Boschung  Campos Racing 32 59'11.506 52.529 2.383 175.299 1      
14   17 spain  Sergio Canamasas  italy  Trident 32 59'15.288 56.311 3.782 175.112 1      
15   19 venezuela  Johnny Cecotto  italy  Rapax 32 59'25.700 1'06.723 10.412 174.601 1      
16   12 monaco  Stefano Coletti  Campos Racing 32 59'31.910 1'12.933 6.210 174.298 2      
17   21 indonesia  Sean Gelael  Pertamina Arden 32 59'37.556 1'18.579 5.646 174.022 2      
18   4 sweden  Gustav Malja  spain  Racing Engineering 32 59'43.460 1'24.483 5.904 173.736 1      
19   16 malaysia  Nabil Jeffri  italy  Trident 32 59'57.959 1'38.982 14.499 173.036 1      
20   3 switzerland  Louis Deletraz  spain  Racing Engineering 32 59'58.083 1'39.106 0.124 173.030 1      
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
ドライバー アルテム マルケロフ , シャルル ルクレール , ノーマン ナトー
チーム ロシアン・タイム
記事タイプ レースレポート