【F2】モナコ レース2:デ・ブリーズ初優勝。松下7位入賞

FIA F2選手権のモナコラウンド・レース2が行われ、ニック・デ・ブリーズが初優勝を果たした。松下信治は7位だった。

 FIA F2選手権のモナコラウンド・レース2が行われ、ニック・デ・ブリーズ(ラパックス)がF2初優勝を果たした。

 30周のスプリントレースとして行われたF2モナコのレース2。ポールポジションからスタートしたのは、デ・ブリーズだった。

 デ・ブリーズはターン1”サンテ・デボーテ”を先頭でクリア。2番グリッドから良いスタートを決めたチームメイトのジョニー・チェコット(ラパックス)を抑えた。後方では、6番手スタートの松下信治(ARTグランプリ)のインをついて、アルテム・マルケロフ(ロシアンタイム)がポジションを上げた。

 各車が数珠つなぎで走っていく中、3周目の松下はペースを大きく下げ、マルケロフとの差が2.6秒まで広がってしまう。しかしその翌周の松下はペースを回復。1分22秒419のファステストラップを叩き出し、前を行くマルケロフを追う。

 この4周目のラスカスで、シャルル・ルクレール(プレマ)とノーマン・ナトー(アーデン)が接触。ナトーはこの場でリタイアし、ルクレールには10秒のタイムペナルティが科せられた。

 マルケロフには「松下がファステストを出してきている」との無線が飛ぶ。すると、まずは5番手を行く松下のチームメイト、アレクサンダー・アルボン(ARTグランプリ)が最速タイムを出し、さらに8周目にはマルケロフがファステストで、アルボンとの差を縮める。

 ここモナコはやはり抜けない。各車一旦近づいても、すぐに差が広がるという、ペース面でのアップダウンが激しいレースとなっていく。しかし、上位勢に順位変動なない。

 そんな中でも先頭のデ・ブリーズは快調に逃げ、19周を終えた時点で2番手チェコットとの差を約9秒に広げる。

 20周目、マルケロフがついにアルボンを攻略。ラスカスでインに飛び込んだのだ。これで松下もアルボンの真後ろにつける。

 21周目、ルクレールがピットインしリタイアを選択する。シーズン序盤、圧倒的な強さを見せていたルクレールだが、母国でまさかの連続リタイアとなってしまった。

 結局、デ・ブリーズが30周を悠々と逃げ切ってトップチェッカー。デ・ブリーズはこれがF2初優勝となった。2位にはチェコットが入り、ラパックスが1-2フィニッシュを達成した。3位にはグスタフ・マルヤ(レーシング・エンジニアリング)が入った。

 松下は結局アルボンを捉えることができず7位フィニッシュ。最後はジョーダン・キング(MPモータースポーツ)を0.3秒差で凌ぎ切った。

【関連ニュース】

【F2】モナコ レース1:松下3位で連続表彰台。ローランド優勝

【F2】モナコ予選:松下クラッシュも、グループAで3番手タイム

【F2】新世代F1同様、2018年F2マシンは”アグレッシブ”なスタイルに

【F2, GP3】鈴木亜久里、松下と福住を語る「自分が勝つより嬉しい」

【F2】今季初優勝の松下信治「得意なコースがこれからもたくさんある」

FIA F2 2017 モナコ レース2結果
Cla ドライバーチームLaps時間ギャップインターバルMphピットリタイアポイントBonus
1   18 netherlands  Nyck de Vries  italy  Rapax 30 -           15  
2   19 venezuela  Johnny Cecotto  italy  Rapax 30 9.8 9.800 9.800       12  
3   4 sweden  Gustav Malja  spain  Racing Engineering 30 10.4 10.400 0.600       10  
4   5 italy  Luca Ghiotto  russia  RUSSIAN TIME 30 10.8 10.800 0.400       8  
5   6 russia  Artem Markelov  russia  RUSSIAN TIME 30 11.2 11.200 0.400       6 2
6   8 thailand  Alexander Albon  france  ART Grand Prix 30 11.9 11.900 0.700       4  
7   7 japan  松下信治 france  ART Grand Prix 30 13.6 13.600 1.700       2  
8   15 united_kingdom  Jordan King  netherlands  MP Motorsport 30 13.9 13.900 0.300       1  
9   9 united_kingdom  Oliver Rowland  france  ダムス 30 28.9 28.900 15.000          
10   2 italy  Antonio Fuoco  italy  Prema Powerteam 30 29.0 29.000 0.100          
11   16 malaysia  Nabil Jeffri  italy  Trident 30 34.0 34.000 5.000          
12   21 indonesia  Sean Gelael  united_kingdom  Arden International 30 42.7 42.700 8.700          
13   10 canada  Nicholas Latifi  france  ダムス 30 43.4 43.400 0.700          
14   14 brazil  Sergio Sette Camara  netherlands  MP Motorsport 30 46.4 46.400 3.000          
15   12 romania  Robert Visoiu  spain  Campos Racing 30 47.0 47.000 0.600          
16   3 switzerland  Louis Deletraz  spain  Racing Engineering 30 53.1 53.100 6.100          
17   17 spain  Sergio Canamasas  italy  Trident 30 55.6 55.600 2.500   1      
  dnf 1 monaco  Charles Leclerc  italy  Prema Powerteam 20 10 laps 10 laps  10 laps    1 リタイア    
  dnf 11 switzerland  Ralph Boschung  spain  Campos Racing 14 16 laps 16 laps  6 laps      リタイア    
  dnf 20 france  Norman Nato  united_kingdom  Arden International 2 28 laps 28 laps  12 laps      リタイア
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
イベント名 モナコ
サーキット モンテカルロ
記事タイプ レースレポート