F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
23 時間
:
37
:
40
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
8 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

F2オーストリアレース2:セッテ・カマラ優勝。松下信治は驚異のリカバリーで5位

シェア
コメント
F2オーストリアレース2:セッテ・カマラ優勝。松下信治は驚異のリカバリーで5位
執筆:
2019/06/30 10:07

F2オーストリアラウンドレース2では、DAMSのセルジオ・セッテ・カマラが優勝した。カーリンの松下信治は5位だった。

 FIA F2オーストリアラウンドのレース2が行われ、セルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)が優勝した。

 前日に行われたレース1では松下信治(カーリン)が優勝。F2復帰後初、そしてレース1では初めて表彰台の中央に立った。

 28周で行われるレース2は、レース1の上位8台によるリバースグリッドとなり、ジョーダン・キング(MPモータースポーツ)がポールポジション。松下は8番手スタートとなった。

 レースがスタートすると、ポールポジションのキングが危なげなくトップで1コーナーを抜けた。松下はターン4でアウトから2台を一気に抜きにかかったが、グラベルにタイヤを落としてしまい、12番手まで順位を落としてしまった。

 3周目、6番手スタートのニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)が早くも首位に浮上。ファステストラップを記録して逃げの体勢に入るかと思われたが、直後に失速。すぐにスピードを取り戻したものの、6番手に後退してしまった。前日のレース1では周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)に似た症状が発生している。

 10周目を終えた時点で、トップはセッテ・カマラ。以下ルイ・デレトラ(カーリン)、周、ルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、そしてデ・フリーズらによる首位争いとなった。

 12周目、6番手争いの集団にいたジャック・エイトケン(カンポス・レーシング)がターン4のブレーキングでアンソニー・ユベール(BWTアーデン)に追突。フロントウイングを壊しピットインした。ポイントランキング4位につけるエイトケンにとっては痛い接触となってしまった。

 首位のセッテ・カマラを追いかけていた2番手のデレトラだったが、20周目のターン1で突如スピンしクラッシュ。無線によると、ブレーキトラブルが発生したようだ。

 これによりセーフティカーが出動。上位のオーダーはセッテ・カマラ、ギオット、周、デ・フリーズの順で、5番手には19番グリッドからスタートしたミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)がつけた。そして松下もこの混乱に乗じてポイント圏内まであとひとつの9番手まで戻ってきた。

 残り6周からレースは再開。松下はリスタート直後のターン4でファン-マヌエル・コレア(チャロウズ)を交わし、これでポイント圏内となった。

 松下の勢いは止まらず、残り4周のターン1の飛び込みでニコラス・ラティフィ(DAMS)をオーバーテイク。そして翌周のターン1でキング、ターン4で周を攻略するなど、驚異のオーバーテイクショーで5番手にジャンプアップした。

 セッテ・カマラはギオットを抑えきりトップでチェッカー。今季初優勝となった。2位、3位はレース1と同じくギオット、デ・フリーズとなった。シューマッハーは終盤デ・フリーズを追い詰めたが4位。しかし、14台抜きという驚異のパフォーマンスで、自己ベストのリザルトを残した。

 序盤のコースオフで一時13番手まで転落していた松下だったが、レース1に続いて抜群のタイヤマネジメントを見せて終盤に猛チャージし、5位までリカバリー。最後は3番手を争う2台にも接近しており、あと1周あれば……と思わせるレース展開で見せ場を作った。

→【リザルト】FIA F2オーストリアラウンドレース2結果

F2レース1で初優勝。松下信治「これを機に、運気が変わればいいと思う」

前の記事

F2レース1で初優勝。松下信治「これを機に、運気が変わればいいと思う」

次の記事

次はSFへ? オワード、F2デビュー戦は苦戦も、レース2で「飛躍」

次はSFへ? オワード、F2デビュー戦は苦戦も、レース2で「飛躍」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Spielberg
サブイベント Race 2
執筆者 戎井健一郎