F2イギリスレース1:ギオット今季2勝目。松下は9位でレース2のPP獲得ならず

FIA F2イギリスラウンドのレース1が行われ、ユニ-ヴィルトゥオーシのルカ・ギオットが優勝した。松下信治は9位だった。

F2イギリスレース1:ギオット今季2勝目。松下は9位でレース2のPP獲得ならず

 FIA F2ラウンド7がイギリスのシルバーストン・サーキットで行われた。レース1ではルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が優勝し、松下信治(カーリン)は9位に終わった。

 前日に行われた予選ではルーキーの周冠宇が初のポールポジションを獲得。2番グリッドにはギオットが並び、ユニ-ヴィルトゥオーシのフロントロウ独占となった。2列目にはDAMSの2台が入り、松下は9番グリッドからのスタートとなった。なお、ショーン・ゲラエル(プレマ・レーシング)はこのレースを欠場することとなった。チームの発表によると、“個人的な都合”とのことだ。

 スタートではギオットが周の前に立ちトップに。松下は集団からうまく抜け出す好スタートで、チームメイトであるルイ・デレトラの後ろ、6番手でオープニングラップを終えた。なお、アンソニー・ユベール(BWTアーデン)はスタートできず、ホームストレート上で立ち往生していたが、ピットレーンに戻された後、1周遅れでレースに合流した。

 6周を走り終え、上位陣では周、ニコラス・ラティフィ(DAMS)、デレトラがピットに。トップ6を独占するユニ-ヴィルトゥオーシ、DAMS、カーリンの3チームの中から、各チーム1台ずつが入ってくるという形となった。ラティフィはピット作業の差で周の前に立つことに成功した。

 翌周にはギオット、セルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)、松下らがピットイン。ギオットはラティフィの前でコースに復帰したが、1周早くタイヤを替えたラティフィに攻め立てられる。コースに戻った松下は、ニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)、ジャック・エイトケン(カンポス・レーシング)、そしてカラム・アイロット(ザウバー/チャロウズ)にも先を行かれてしまい、ポジションを落としてしまった。

 9周目、ギオットがターン6でミスした隙を突き、ラティフィが実質的なトップに立った。しかし、11周目のストウコーナーでギオットが再び前に立つなど、激しいドッグファイトを展開した。

 ジュリアーノ・アレジ(トライデント)はピットアウトの際、スローダウンしストップ。タイヤの取り付けに問題があったのか、再度ピットボックスに戻され、大きく時間をロスした。

 レースは折り返しを迎え、ハードタイヤでスタートしたニキータ・マゼピン(ARTグランプリ)がステイアウトして首位を走る中、2番手以下はギオット、ラティフィ、周、セッテ・カマラというオーダー。松下は11番手で、3秒前を行くアイロットを追いかけるという展開となった。

 21周目、マゼピンがここでピットイン。12番手でコースに復帰し、これで見た目上でもギオットが首位となった。ギオットは毎周のようにファステストラップを更新し、ラティフィとの差をじわじわと広げていった。一方9番手の松下はなかなかペースが上がらず、8番手アイロットに少しずつ差をつけられてしまった。

 ギオットはそのまま危なげなくトップチェッカー。これで彼にとってはバーレーンレース2以来、今季2勝目となった。2位はラティフィとなり、ポールスタートの周は3位で初優勝を逃した。なお、ファステストラップはセッテ・カマラが獲得し、2ポイントを加算した。

 6位に入ったデ・フリーズは今季通算160ポイントでランキング首位をキープ。ラティフィが133ポイントでそれに続き、3戦連続表彰台のギオットが122ポイントでランキング3位に浮上した。

 松下は9位に終わり、レース2のポールポジションが与えられる8位を逃した。なお、ポイントランキングは変わらず8位のままとなっている。

【リザルト】FIA F2イギリスラウンドレース1結果

シェア
コメント
F2イギリス予選:ルーキー周冠宇が初のポールポジション。松下信治は9番手
前の記事

F2イギリス予選:ルーキー周冠宇が初のポールポジション。松下信治は9番手

次の記事

F2イギリスレース2:地元エイトケンが優勝。松下信治は7位入賞

F2イギリスレース2:地元エイトケンが優勝。松下信治は7位入賞
コメントを読み込む