F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

F2ハンガロリンク・レース2:松下信治、猛追届かず2位。シューマッハーが初勝利

シェア
コメント
F2ハンガロリンク・レース2:松下信治、猛追届かず2位。シューマッハーが初勝利
執筆:
2019/08/04 10:29

FIA F2のハンガロリンク戦レース2が行われ、プレマのミック・シューマッハーがF2初勝利を挙げた。松下信治(カーリン)は2位だった。

 FIA F2のハンガロリンクラウンドのレース2が行われ、プレマのミック・シューマッハーがポール・トゥ・ウィンでF2初勝利を挙げた。

 タイヤ交換義務のない、28周のレース2。リバースグリッドのポールポジションには、シューマッハーがついた。他車のタイム加算ペナルティもあり、レース1で5位となっていた松下信治(カーリン)だが、その後ペナルティが取り消されたことで7位となり、レース2のフロントロウに並ぶことになった。

 気温23度、路面温度38度でレースがスタートすると、松下は良い蹴り出しを見せ、ターン1のアウト側からシューマッハーにオーバーテイクを仕掛けた。しかし、シューマッハーも譲らず、松下はアウト側の縁石を乗り越えるような形でコースオフ。それでもなんとか2番手をキープした。

 トップのシューマッハーはファステストラップを叩き出し、松下との差を1.4秒に拡大し、DRS圏外に出た。ただ、松下もペースは悪くなく、3番手のセルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)との差を1.3秒とした。

 4周目、松下はシューマッハーよりも0.8秒速いタイムをマーク。その差を縮めると、シューマッハーの約1秒後方でレースを進めた。

 3番手を走るセッテ・カマラも徐々に松下に迫ってくる中、8周目にはタチアナ・カルデロン(アーデン)とアルジュン・マイニ(カンポス)が接触し、カルデロンがマシンを停めてしまった。しかし、マシンの撤去作業は迅速に行われ、セーフティカーの出動などはなかった。

 10周目には4番手のジョーダン・キング(MPモータースポーツ)までが数珠つなぎの先頭集団となるが、レース後半を見据えてか、各車が積極的にオーバーテイクを仕掛けることなく周回を重ねていった。

 レースが動きを見せたのは16周目。セッテ・カマラが一気にペースを上げて松下に迫ると、17周目のターン1でインに飛び込んで松下の前に出た。しかしコーナー立ち上がりで加速が鈍り、ターン2までに松下が抜き返して2番手を守った。さらに後方では、ルカ・ギオット(ユニ・ビルトゥオーシ)がニキータ・マゼピン(ARTグランプリ)をオーバーテイクし、8番手に浮上した。

 これで火がついたか、松下は17周目にファステストを更新。シューマッハーとの差を詰めてDRS圏内に入るが、なかなかオーバーテイクするには至らない。一方、セッテ・カマラはジリジリと後退していった。

 残り5周を切り、松下はさらにギヤを上げてシューマッハーを追走。激しくプレッシャーをかけた。しかしシューマッハーは隙を見せず、トップでファイナルラップに突入した。

 シューマッハーが守りきり、トップチェッカー。F2での初勝利を達成した。松下はタイヤを使い切る猛追を見せたが、惜しくも届かず2位となった。3位にはセッテ・カマラが入っている。

 ポイントリーダーのニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)は6位。タイトル争いのライバルであるニコラス・ラティフィ(DAMS)と終始バトルを続けたが、デ・フリーズに軍配。ラティフィが7位となった。

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Germany ミック シューマッハー プレマ・レーシング 28         15
2 Japan 松下 信治 カーリン 28 1.4       12
3 Brazil セルジオ セッテ・カマラ ダムス 28 3.3       10
次の記事
F2ハンガロリンク・レース1:ラティフィ今季4勝目。他車ペナルティ取り消しで松下7位

前の記事

F2ハンガロリンク・レース1:ラティフィ今季4勝目。他車ペナルティ取り消しで松下7位

次の記事

“名門”DAMS創設者、ジャン-ポール・ドリオが68歳で逝去。日産FEの監督も務める

“名門”DAMS創設者、ジャン-ポール・ドリオが68歳で逝去。日産FEの監督も務める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Hungaroring
執筆者 松本 和己