F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
50 days

松下信治、ステアリングの電気系トラブルで悔しい失速、レース2巻き返しを誓う

シェア
コメント
松下信治、ステアリングの電気系トラブルで悔しい失速、レース2巻き返しを誓う
2019/04/28 7:07

F2バクーラウンドのレース1をポールポジションからスタートした松下信治は、電気系トラブルで緊急ピットイン。しかしレース復帰後はファステストラップを記録するなど、その速さをアピール。レース2でも巻き返しを誓う。

 F2のバクーラウンド、その予選で圧倒的な速さを見せたのは、カーリンの松下信治だった。松下は2番手のニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)に0.444秒もの差をつけ、レース1のポールポジションを獲得したのだった。

 F2復帰後初優勝が期待された松下は、スタートでデ・フリーズの先行を許してしまう。その後はデ・フリーズを追ったが、5周目に突然失速。ピットインすることとなった。

「気持ちを切り替えるしかないですね。悔しいですけど」

 そうレース後に語った松下。曰く、電気系のトラブルだったという。

「電気系の問題でした。スイッチはオンもオフも、何もできませんでした」

「ステアリングの電気が全て落ちてしまいました。電気系は全部シャットダウンしていて、スロットルも動かなかったんです。でもエンジンだけが回っているという、よく分からない状況でした。アクセルも、無線も使えなかったんです」

 松下はそうトラブルの状況について説明する。ただピットでステアリングを交換したら、マシンは復活し、周回遅れながらレースに復帰した。

「ステアリングを交換したら、問題なかったです。チームはリタイアしようとしていましたけど、僕は絶対行くと言いました。レースをやりたかっただけなんです」

 コースの復帰した後のペースは良く、最終的には13位フィニッシュながら、ファステストラップも記録した。

「ファステストラップも取れましたし、良かったと思います。(トラブルがなければ)勝てたんじゃないですか? まぁ、そんなことを言ってもしょうがないですけどね」

 昨年のF2バクーラウンド、レース2で優勝したのは、今年ウイリアムズからF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルだった。ラッセルは12番グリッドからのスタートながら、レース中追い上げて優勝。ここバクーでは後方からの追い上げも不可能ではない。

「そうですね。僕も明日に向けて、最大限の分析をしたいと思います」

Interviews by Valentin Khorounzhy

次の記事
【動画】2019年FIA F2 アゼルバイジャン レース1ハイライト

前の記事

【動画】2019年FIA F2 アゼルバイジャン レース1ハイライト

次の記事

F2アゼルバイジャンレース2:連日の大波乱! ラティフィが優勝、松下信治はミスで入賞ふいに

F2アゼルバイジャンレース2:連日の大波乱! ラティフィが優勝、松下信治はミスで入賞ふいに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Baku
ドライバー 松下 信治
チーム カーリン