F2モンツァ予選:角田裕毅、わずか0.030秒の差でポール逃す。アイロットがPP

シェア
コメント
F2モンツァ予選:角田裕毅、わずか0.030秒の差でポール逃す。アイロットがPP
執筆:

FIA F2第8戦モンツァの予選が行なわれ、カラム・アイロットがポールポジションを獲得した。

 FIA F2第8戦の予選がイタリアのモンツァ・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはカラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)で、角田裕毅(カーリン)は僅差の2番手だった。

 前戦スパのレース1で優勝を飾り、ランキング3番手に浮上した角田。角田にとってモンツァは昨年FIA F3で初優勝を挙げた相性の良いサーキットだが、彼はフリー走行でもトップタイムをマークするなど、期待が高まる中で30分間の予選がスタートしていった。

 セッションが始まると、角田を先頭に各車がコースインしていった。角田はまず1分32秒943というタイムをマークするが、彼のすぐ後ろにつけていたクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)が1分32秒296でそれを更新した。角田はその後、ミック・シューマッハー(プレマ)、ロイ・ニッサニー(トライデント)に上回られてしまい、4番手に。そしてレッドブル育成のライバルで、今回がF2で2戦目のユーリ・ヴィップス(DAMS)にも上回られ、5番手となった。

 各車はクールダウンラップを挟み、そのまま2回目のアタックを行なうが、上位10台がコンマ3秒差以内という大接戦となった。まずシューマッハーが1分32秒277をマークしてトップに。角田も1分32秒443にタイムを更新するが、チームメイトのユアン・ダルバラ(カーリン)、ニキータ・マゼピン(ハイテック)、ダニエル・ティクトゥム(DAMS)に上回られてしまい、6番手となった。松下信治(MPモータースポーツ)は2回目のアタックで1分32秒480を記録し、8番手までポジションを上げた。

 その後各車はピットに戻り、2セット目のタイヤに交換すると、セッション残り10分となるタイミングでなだれ込むようにコースに向かっていった。今回はティクトゥムが集団の先頭だ。

 角田は1分31秒959をマークし、トップに浮上。ルカ・ギオット(ハイテック)、ルンガーも好タイムを記録するが、角田には届かなかった。しかし、アイロットが1分31秒929を叩き出し、0.030秒角田を上回りトップに立った。

 セッションも佳境となり、各車いよいよ最後のアタックに向かう……というタイミングで、シューマッハーがアスカリシケインでクラッシュ。F1のフリー走行でのマックス・フェルスタッペンを彷彿とさせるスピンで、ウォールにヒットした。これでセッションは約2分を残して赤旗中断となり、ほどなくしてセッションが再開されない旨が通達された。

 これでアイロットは今季4度目のレース1ポールポジションとなった。角田はわずか0.030秒の差でポールポジションと4ポイントを失ったが、明日のレース1に向けて好位置につけた。3番手はギオット、4番手はルンガーで、午前中にはウイリアムズからF1のフリー走行に出走したニッサニーが自己ベストの5番手につけた。

 そんな中、ポイントリーダーのロバート・シュバルツマン(プレマ)が16番手と下位に沈んだのは、角田にとって好都合か。松下は13番手、佐藤万璃音(トライデント)は14番手だった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 United Kingdom カラム アイロット United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 10 1'31.929     226.857
2 Japan 角田 裕毅 United Kingdom カーリン 11 1'31.959 0.030 0.030 226.783
3 Italy ルカ ギオット United Kingdom ハイテック 10 1'32.127 0.198 0.168 226.370
4 Denmark クリスチャン ルンガー France ARTグランプリ 11 1'32.200 0.271 0.073 226.190
5 Israel ロイ ニッサニー Italy トライデント 10 1'32.226 0.297 0.026 226.127
6 Russian Federation ニキータ マゼピン United Kingdom ハイテック 11 1'32.267 0.338 0.041 226.026
7 Germany ミック シューマッハー Italy プレマ 10 1'32.277 0.348 0.010 226.002
8 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 10 1'32.308 0.379 0.031 225.926
9 Switzerland ルイ デレトラ Czech Republic チャロウズ 10 1'32.342 0.413 0.034 225.843
10 United Kingdom ダニエル ティクトゥム France DAMS 11 1'32.373 0.444 0.031 225.767

F2モンツァ:角田裕毅がトップタイム発進。8戦中4度目のフリー走行最速

前の記事

F2モンツァ:角田裕毅がトップタイム発進。8戦中4度目のフリー走行最速

次の記事

F2モンツァ:レース1はミック・シューマッハーが今季初優勝。角田裕毅は4位

F2モンツァ:レース1はミック・シューマッハーが今季初優勝。角田裕毅は4位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Monza
サブイベント Qualifying
執筆者 戎井健一郎