F2モンツァ:レース2はティクトゥムが勝利。角田裕毅には不運なマシントラブル

FIA F2第8戦モンツァのレース2が行なわれ、DAMSのダニエル・ティクトゥムが優勝した。

F2モンツァ:レース2はティクトゥムが勝利。角田裕毅には不運なマシントラブル

 FIA F2第8戦のレース2がイタリアのモンツァ・サーキットで行なわれた。優勝したのはDAMSのダニエル・ティクトゥムで、角田裕毅(カーリン)はトラブルにより21位に終わった。

 前日に行なわれたレース1で優勝したのは、プレマのミック・シューマッハー。4戦連続の表彰台となり、ランキング3番手に浮上した。これでタイトル争いは混沌の様相を呈しており、ロバート・シュバルツマン(プレマ)とカラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が134点、シューマッハーが131点、角田が123点と上位4名は僅差だ。

Read Also:

 レース2はレース1の上位8台によるリバースグリッドとなり、ルイ・デレトラ(チャロウズ)がポールポジション。その隣にはダニエル・ティクトゥム(DAMS)がつけた。ランキング上位勢はアイロット3番グリッド、角田5番グリッド、シューマッハー8番グリッド、シュバルツマン9番グリッドだ。

 21周のレースがスタート。ティクトゥムが先頭に躍り出てオープニングラップを終え、デレトラ、アイロット、角田と続いた。

 しかし2周目、角田のマシンが突如スローダウン。ピットインして確認作業を行なった後に再スタートしたが、ラップダウンとなり勝負権を失ってしまった。

 5周目を終了し、上位はティクトゥム、デレトラ、アイロット、シューマッハー、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)というオーダー。ティクトゥムはデレトラに対して1秒以上のリードを築き、安定して首位をキープした。

 シューマッハーは周と4番手争いを繰り広げていたが、ターン1へのブレーキング競争の際にタイヤをロックさせてしまいオーバーラン。6番手に後退した。しかし周の方が直後にスローダウン。戦列から離れてしまった。

 レースは後半戦に突入。アイロットはデレトラに接近し、12周目のターン1でオーバーテイクし、2番手に浮上した。首位ティクトゥムとのギャップは3.5秒だ。

 残り5周、10番手を争っていたフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)がターン1でロイ・ニッサニー(トライデント)に追突されてスピン。コース上にマシンが止まってしまう形となり、バーチャルセーフティカーが出された。

 レースが再開すると、首位ティクトゥムは快調なスタートを切ったが、2番手以下の争いは激しさを増し、アイロット、ルンガー、デレトラ、シューマッハー、シュバルツマンが数珠つなぎとなった。

 ティクトゥムは危なげなくトップでチェッカーを受け、今季2勝目を挙げた。2位にはアイロット、3位にはルンガーが入った。ティクトゥムはトラブルがあったのか、チェッカー直後にマシンを止め、メディカルカーでパルクフェルメに到着するというハプニングもあった。

 4位以下はシューマッハー、デレトラ、シュバルツマンと続き、7位はユアン・ダルバラ(カーリン)、8位のジャック・エイトケン(カンポス)までが入賞となった。松下信治(MPモータースポーツ)は12位、佐藤万璃音(トライデント)は14位、トラブルの角田は最後まで走行を続け21位に終わった。

 これにより、ポイントランキングは146点のアイロットが首位に。2番手に139点のシューマッハー、3番手に138点のシュバルツマンとなった。123点の角田は4番手のままだが、2戦連続表彰台のルンガーに9点差に迫られる格好となった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 United Kingdom ダニエル ティクトゥム France DAMS 21 -        
2 United Kingdom カラム アイロット United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 21 4.600 4.600 4.600    
3 Denmark クリスチャン ルンガー France ARTグランプリ 21 5.200 5.200 0.600    
4 Germany ミック シューマッハー Italy プレマ 21 6.600 6.600 1.400    
5 Switzerland ルイ デレトラ Czech Republic チャロウズ 21 7.000 7.000 0.400    
6 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 21 7.300 7.300 0.300    
7 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 21 10.900 10.900 3.600    
8 United Kingdom ジャック エイトケン Spain カンポス 21 16.900 16.900 6.000    
9 Russian Federation ニキータ マゼピン United Kingdom ハイテック 21 18.700 18.700 1.800    
10 Estonia Jüri Vips France DAMS 21 19.600 19.600 0.900    

シェア
コメント
ミック・シューマッハー、今季初優勝でタイトルへ大きく前進「勢いは僕たちにある」

前の記事

ミック・シューマッハー、今季初優勝でタイトルへ大きく前進「勢いは僕たちにある」

次の記事

【動画】2020FIA F2第8ラウンド・モンツァ レース2ハイライト

【動画】2020FIA F2第8ラウンド・モンツァ レース2ハイライト
コメントを読み込む