F2最終戦サクヒールのレース1、最終順位が確定。角田優勝でランキング4位以上確定!

FIA F2の最終戦レース1の決勝順位が確定。角田裕毅の今季3勝目が確定し、F1参戦に必要なスーパーライセンス発給条件を満たす、ドライバーズランキング4位以内を確定させた。

F2最終戦サクヒールのレース1、最終順位が確定。角田優勝でランキング4位以上確定!

 FIA F2の2020年最終ラウンド”サクヒール”戦レース1の最終結果が確定。トップチェッカーを受けていた角田裕毅(カーリン)の優勝が確定した。

Read Also:

【ランキング】FIA F2ドライバーズランキング

 角田は決勝レース終盤にニキータ・マゼピン(ハイテック)を抜いた際、”コース外を走行し、アドバンテージを得た”として、審議対象となっていた。しかし角田にペナルティが出されることはなく、今季3勝目が確定した。

 一方で3番手でフィニッシュしたマゼピンには、合計10秒のタイム加算ペナルティが科された。

 まず前述の角田が審議対象となった一件については、マゼピンが角田を「ピットレーンに押し込んだ」との判断が下った。これによりマゼピンには、5秒のタイム加算と、ペナルティポイント2が科された。

 また、フェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)の進路をメインストレートで妨害したとして、やはり5秒のタイム加算とペナルティポイント2が科されることになった。

 この結果マゼピンはレースタイムに10秒が加算され、結局9位に後退することになった。

 この結果、角田は今季の獲得ポイントを186に伸ばしてランキング3番手となることが決定。ランキング4番手のロバート・シュバルツマン(プレマ)が171ポイントとなった。またマゼピンは結局合計164ポイントに。この時点でマゼピンが角田を逆転する可能性はなくなり、角田のランキング4位以上が確定することになった。

 これにより角田は、晴れてスーパーライセンスの発給条件を満たしたこととなる。

Read Also:

シェア
コメント
F2サクヒール2:角田裕毅、レース1でトップチェッカーも審議中。優勝確定でランク5位以内が確定

前の記事

F2サクヒール2:角田裕毅、レース1でトップチェッカーも審議中。優勝確定でランク5位以内が確定

次の記事

今季3勝目でランク4位以内を確定……角田裕毅「残り1戦、できる限り戦う」

今季3勝目でランク4位以内を確定……角田裕毅「残り1戦、できる限り戦う」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
イベント Bahrain II
サブイベント Race 1
ドライバー ニキータ マゼピン , 角田 裕毅
執筆者 田中 健一