F2シュピールベルク:周に不運、レース1はアイロットが制す。角田はほろ苦い初陣に

シェア
コメント
F2シュピールベルク:周に不運、レース1はアイロットが制す。角田はほろ苦い初陣に
執筆:

2020年FIA F2開幕ラウンドのシュピールベルク戦レース1が行なわれ、ユニ-ヴィルトゥオーシのカラム・アイロットが優勝した。日本勢最上位は松下信治の9位だった。

 2020年のFIA F2開幕戦シュピールベルクのレース1が、オーストリアのレッドブルリンクで行なわれた。優勝したのはユニ-ヴィルトゥオーシのカラム・アイロットで、日本勢は松下信治(MPモータースポーツ)の9位が最上位だった。

 角田裕毅(カーリン)、松下、佐藤万璃音(トライデント)という3人の日本人ドライバーが参戦する今季のFIA F2。日本のファンにとっては近年稀に見る注目度のシーズンが開幕した。

Read Also:

 前日に行なわれた予選では、ユニ-ヴィルトゥオーシの2年目、周冠宇が他を圧倒する速さでポールポジションを獲得。2番手にはルーキーのフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)が入った。フリー走行でトップタイムを記録していた角田は12番グリッド、松下と佐藤は共に最後列からのスタートとなった。

 レース開始前、予選7番手のルカ・ギオット(ハイテック)にトラブルが発生。グリッドに着くことができず、こレースをスタートすることすらできなかった。

 ギオットを欠いた21台でフォーメーションラップが始まったが、22番グリッドの佐藤がスタートできず。スタートを前に2台のマシンが戦列を離れることになった。

 40周のフィーチャーレースがスタート。3番グリッドのアイロットが抜群のスタートを見せてターン1をトップで抜けた。角田はターン3のブレーキングでチームメイトのユアン・ダルバラに追突してしまい、フロントウイングを破損。緊急ピットインを強いられ、最後尾に落ちてしまった。さらに角田にはその後、5秒のタイムペナルティが科されてしまった。

 周はアイロットを交わしてトップを奪い返すことに成功。3番手にミック・シューマッハー(プレマ)、4番手にドルゴビッチ、5番手にロバート・シュバルツマン(プレマ)というオーダーとなった。

 7周目、ショーン・ゲラエル(DAMS)がスロー走行でピットイン。戦列から離れることになった。

 10周目前後から、ソフトタイヤを履いてスタートしたマシンが続々とピットインし、ハードタイヤに交換した。その中でもマーカス・アームストロング(ARTグランプリ)はフレッシュタイヤでファステストラップを連発しながら、ステイアウトしている上位陣との差を詰めていった。

 18周目から周、アイロット、シューマッハーの上位3台が順にピットへ。その中で最もピットを遅らせたシューマッハーがアイロット、そして周の前に立ち、ピットを終えたマシンの中ではトップに立った。

 しかし周はアイロットをすぐさま攻略すると、21周目にはシューマッハーも捉えてオーバーテイク。全てのマシンがピットを終えた段階でトップに返り咲いた。

 しかし26周目、ここまで完璧なレース展開を見せていたトップの周が突然スローダウン。ピットインして再度コースには復帰したが、まさかのトラブルで優勝争いからは完全に脱落してしまった。

 その直後にアーテム・マルケロフ(HWA)のマシンもスローダウン。そのままコース脇にマシンを止めてしまい、セーフティカーが出動することとなった。

 アイロットを先頭に、レースは残り10周から再開。そこにシューマッハー、アームストロング、シュバルツマンが続き、フェラーリ育成のドライバーがトップ4を独占していたが、シューマッハーはターン7で痛恨のコースオフ。大きく順位を下げた。

 アイロットは結果的に後続との差をぐんぐん離していき、トップでチェッカー。2年目にしてF2初優勝を達成した。FIA F3時代のチームメイトであるシュバルツマンとの激闘を制したアームストロングが2位に入り、フェラーリ育成が表彰台を独占した。

 松下は最後方から追い上げ9位でフィニッシュ。貴重なポイントとリバースグリッドでのPPを獲得できなかった。一方、角田はチームメイトと同士討ちを演じてしまい、ほろ苦いデビュー戦となった。佐藤はトラブルによりレースをすることすらできなかった。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 United Kingdom カラム アイロット United Kingdom ユニ・ヴィルトゥオーシ 40 -        
2 New Zealand Marcus Armstrong France ARTグランプリ 40 8.800 8.800 8.800    
3 Russian Federation Robert Shwartzman Italy プレマ・レーシング 40 9.200 9.200 0.400    
4 Denmark Christian Lundgaard France ARTグランプリ 40 10.800 10.800 1.600    
5 United Kingdom ダニエル ティクトゥム France ダムス 40 11.200 11.200 0.400    
6 France ジュリアーノ アレジ BWT HWA Racelab 40 12.800 12.800 1.600    
7 Switzerland ルイ デレトラ Czech Republic Charouz Racing System 40 16.200 16.200 3.400    
8 Brazil Felipe Drugovich Netherlands MPモータースポーツ 40 17.000 17.000 0.800    
9 Japan 松下 信治 Netherlands MPモータースポーツ 40 17.400 17.400 0.400    
10 Israel Roy Nissany Italy トライデント 40 19.500 19.500 2.100    

F2シュピールベルク予選:周がPP獲得。角田12番手、松下、佐藤は後方に沈む

前の記事

F2シュピールベルク予選:周がPP獲得。角田12番手、松下、佐藤は後方に沈む

次の記事

F2シュピールベルク:レース2はドルゴビッチが初優勝! 日本勢は松下が6位入賞

F2シュピールベルク:レース2はドルゴビッチが初優勝! 日本勢は松下が6位入賞
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Spielberg
執筆者 戎井健一郎