F2バクー:レース1はシュバルツマンが他を寄せ付けず完勝。佐藤万璃音は18位

FIA F2第3ラウンドのレース1が行なわれ、プレマのロバート・シュバルツマンが優勝した。佐藤万璃音は18位だった。

F2バクー:レース1はシュバルツマンが他を寄せ付けず完勝。佐藤万璃音は18位

 2021年FIA F2第3戦のレース1がアゼルバイジャンのバクー市街地コースで行なわれた。優勝したのはロバート・シュバルツマン(プレマ)だった。

 前日の予選結果のトップ10をリバースグリッドとし、21周のスプリントレースとして行なわれるレース1。ポールポジションには予選10番手の・シュバルツマン、2番グリッドには同9番手のユアン・ダルバラ(カーリン)が並んだ。予選19番手の佐藤万璃音(トライデント)は、フリー走行時の違反により3グリッド降格ペナルティを受けていたが、他のドライバーにもペナルティが出された影響などもあって20番グリッドからのスタートとなった。

Read Also:

 レースはスタート直後から波乱の様相を呈した。ターン2では、フェリペ・ドルゴビッチ(ユニ-ヴィルトゥオーシ)に追突されたオスカー・ピアストリ(プレマ)がリアム・ローソン(ハイテック)を押し出す形となり、ローソンがバリアに刺さってしまった。予選でトップタイムを記録してレース3のポールポジションを確保しているローソンだが、これでレース1は無得点に。また絡んだピアストリ、そしてHWAのジャック・エイトケン、アレッシオ・デレッダもマシンを止め、いきなり4台が戦列を離れた。

 ローソンのマシンを回収するためにセーフティカーが入った後、5周目からレースが再開された。ポールポジションスタートのシュバルツマンはリスタートもうまく決めて独走態勢に。その後はセーフティカーが出るような大きなインシデントはなく淡々とレースが続いていき、9周目にダルバラに代わって2番手に立った周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、そしてその周を12周目にオーバーテイクしたダニエル・ティクトゥム(カーリン)のいずれもシュバルツマンとの差を縮めることはできなかった。

 シュバルツマンは結果的に1度も首位を譲ることなく、2番手以下に5秒以上の差をつけてトップチェッカー。今季初優勝を挙げた。2位にはティクトゥムが入り、周は3位でポイントリーダーの座をキープした。

 4位はダルバラで、5位は前戦モナコのフィーチャーレースを制したテオ・プルシェール(ARTグランプリ)。プルシェールは開幕戦レース1こそ無得点だったが、その後6レース連続での入賞となった。6位はこちらもモナコ戦から好調のラルフ・ボシュング(カンポス)で、以下マーカス・アームストロング(DAMS)、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)までがポイント獲得となった。

 佐藤はオプションタイヤであるスーパーソフトタイヤでスタートするという変則的な戦略を採ったが、ペースが上がらず最後尾に落ちて13周目にピットイン。ミディアムタイヤに交換して18位でフィニッシュした。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 21 -       15
2 United Kingdom ダニエル ティクトゥム United Kingdom カーリン 21 5.100 5.100 5.100   12
3 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 21 8.800 8.800 3.700   10
4 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 21 10.300 10.300 1.500   8
5 France テオ プルシェール France ARTグランプリ 21 11.000 11.000 0.700   6
6 Switzerland ラルフ ボシュング Spain カンポス 21 13.100 13.100 2.100   4
7 New Zealand マーカス アームストロング France DAMS 21 14.400 14.400 1.300   2
8 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック 21 14.500 14.500 0.100   1
シェア
コメント
F2バクー予選:レッドブル育成のローソン、ヴィップスがトップ2占める。佐藤は19番手も3グリッド降格
前の記事

F2バクー予選:レッドブル育成のローソン、ヴィップスがトップ2占める。佐藤は19番手も3グリッド降格

次の記事

F2バクー:レース2はヴィップスが見事な走りでF2初優勝。佐藤万璃音13位

F2バクー:レース2はヴィップスが見事な走りでF2初優勝。佐藤万璃音13位
コメントを読み込む