F2バクー:レース2はヴィップスが見事な走りでF2初優勝。佐藤万璃音13位

FIA F2第3ラウンドのレース2が行なわれ、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)がF2初優勝を挙げた。

F2バクー:レース2はヴィップスが見事な走りでF2初優勝。佐藤万璃音13位

 2021年FIA F2第3戦のレース2がアゼルバイジャンのバクー市街地コースで行なわれ、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)がF2初優勝を果たした。

 レース1の結果に基づき、上位10台が逆順にグリッドに並ぶレース2。ポールポジションはベント・ビスカール(トライデント)、2番手にデビッド・ベックマン(チャロウズ)が並んだ。

 21周のレーススタート直後、ターン1で複数のマシンがスピンする展開となり、セーフティカー(SC)が出動した。ポイントリーダーの周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)は、ダニエル・ティクトゥム(カーリン)との接触もあり、このターン1でレースを終えている。一方、SCボードが出るまでに、フロントロウスタートのベックマンとビスカールはサイド・バイ・サイドのバトルを展開。ベックマンが首位を奪取した。

 3周目のリスタートを決めたベックマンを脅かす存在となったのがヴィップスだ。彼はユアン・ダルバラ(カーリン)との対決に競り勝つと、4周目のターン1でビスカールを豪快にオーバーテイクし2番手に浮上。ファステストラップを記録しながら、ベックマンを追走した。

 ヴィップスがベックマンのDRS圏内に入ろうかという6周目、リチャード・フェルシュホー(MPモータースポーツ)がロイ・ニッサニー(DAMS)に追突されクラッシュしてしまい、再度SCが出動した。

 このリスタートはベックマンが上手く決め、ヴィップスは逆にビスカールにインサイドに飛び込まれてしまう。だがビスカールは止まりきれず、ヴィップスが2番手をキープした。後方ではターン1でクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)がクラッシュした他、マーカス・アームストロング(DAMS)もクラッシュし、今度はバーチャル・セーフティカー(VSC)が出された。

 9周目途中でVSCが解除されると、ヴィップスがベックマンに急接近。ベックマンのスリップストリームに入ったヴィップスは、DRSを使いあっさりとオーバーテイクを決め、トップに立った。

 DRSトレイン状態となり、2番手以降のポジション争いが膠着状態となる中、ヴィップスはベックマンをDRS圏内に近づけない見事な走りを続け、トップチェッカー。嬉しいF2初優勝を挙げた。

 2位は後続を抑えきったベックマン。3位はダルバラとなっている。

 佐藤万璃音(トライデント)は、18番手からのスタート。他車の脱落によりポジションを上げたものの、13位とポイントには手が届かなかった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック 21 -       15
2 Germany デビッド ベックマン Czech Republic チャロウズ 21 3.200 3.200 3.200   12
3 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 21 3.800 3.800 0.600   10
シェア
コメント
F2バクー:レース1はシュバルツマンが他を寄せ付けず完勝。佐藤万璃音は18位
前の記事

F2バクー:レース1はシュバルツマンが他を寄せ付けず完勝。佐藤万璃音は18位

次の記事

F2バクー:ユーリ・ヴィップスがレース3も制し圧巻の2連勝。佐藤万璃音は15位

F2バクー:ユーリ・ヴィップスがレース3も制し圧巻の2連勝。佐藤万璃音は15位
コメントを読み込む