名取鉄平、トライデントからFIA F2ポストシーズンテストに参加! 2021年はSFライツで戴冠、再び欧州の舞台へ

2021年のスーパーフォーミュラ・ライツ王者である名取鉄平は、アブダビで行なわれるFIA F2ポストシーズンテストにトライデントから参加することとなった。

名取鉄平、トライデントからFIA F2ポストシーズンテストに参加! 2021年はSFライツで戴冠、再び欧州の舞台へ

 2021年のスーパーフォーミュラ・ライツ(SFライツ)でチャンピオンとなった名取鉄平。彼は12月16日から18日にかけてアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれるFIA F2ポストシーズンテストにトライデントから参加することが明らかとなった。

 名取は鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラを首席卒業後、2018年に日本のFIA F4で現アルファタウリの角田裕毅と熾烈なタイトル争いを繰り広げ、ランキング2位に。2019年からヨーロッパに渡り、FIA F3に参戦したが、思うような結果は残せないまま、2020年からは再び国内に戦いを舞台を移した。

 そして名取はSFライツ参戦2年目の2021年、海外フォーミュラでの経験豊富なジュリアーノ・アレジを下してタイトルを獲得。本来であればその賞典として、名取はスーパーフォーミュラのルーキーテスト参加を支援される予定であったが、「さらなる飛躍を目指して鋭意活動中」であるとして参加を見送っていた。

 そしてF1アブダビGPのレースウィークエンドが開始される12月10日、名取のF2テストへの参加が発表された。

 Buzz& Co Groupからの支援を受ける名取は、2021年に同社の若手育成プログラムに正式加入。今回のテスト参加も、彼らからの後押しがあったようだ。

 Buzz& Co Groupの長谷川大祐代表は次のようにコメントした。

「日本にも速いドライバーが何人かいる中で、どのドライバーをテストへ連れて行こうか、初めは正直迷いました。それぞれのドライバーと直接話をしたなかで、名取選手のヨーロッパへ対する熱い想いや強い覚悟を感じました」

「彼は2019年に一度、ヨーロッパで挫折を経験していますが、私からしたら、あんなのは挫折したうちに入りません。彼にチャンスを与えたいと思っていた時に本人の気持ちを聞けたこともあり、スーパーフォーミュラ・ライツのシリーズチャンピオンを獲得した賞典として協会とも協議し、これはもう一度チャンスを与えるタイミングだと直感しました」

「名取選手には、このF2でのテストをしっかりと生かしてもらい、チャンピオンを獲得した彼らしい走りを期待しています。今回で良い成績を残し、来シーズン彼がさらに高みに上ることを期待しています」

 F1という夢を叶えるため、再びヨーロッパに戻りF2やF3を戦いたいと語っていた名取も、Buzzのリリースに次のようにコメントを寄せた。

「今年からBuzzドライバーマネジメントプログラムに加入し、チームも移籍して強力なマシンを作って下さるB-Maxさんと共にシリーズチャンピオンを獲得することが出来ました」

「チーム関係者の皆様、スポンサー様、応援して頂いているファンの皆様に改めて感謝いたします。このチャンピオン獲得がきっかけで、長谷川代表からF2テストのオファーを頂き、二つ返事で行くとお答えさせて頂きました。オファーを頂いた後、ミラノにあるチームファクトリーへ訪問し、とても競争力のあるチームだと実感しました」

「目標であるF1へ向けて大きなチャンスであり、このチャンスを生かせるように今できることを精一杯行い、テストに臨みたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

 
Read Also:

シェア
コメント
F2ジェッダ レース3:大混乱で”12分”の超短期決戦を、ピアストリ制す。クラッシュのドライバーは病院に搬送
前の記事

F2ジェッダ レース3:大混乱で”12分”の超短期決戦を、ピアストリ制す。クラッシュのドライバーは病院に搬送

次の記事

F2アブダビ予選:タイトル獲得へ、ランキング首位のピアストリ盤石の最速タイム。佐藤万璃音14番手

F2アブダビ予選:タイトル獲得へ、ランキング首位のピアストリ盤石の最速タイム。佐藤万璃音14番手
コメントを読み込む