F2シルバーストン・レース2:フェルシュホー、ポール・トゥ・ウィンで初勝利。佐藤万璃音は16位

FIA F2第4戦シルバーストンのレース2が行なわれると、リチャード・フェルシュホーがF2初優勝をポール・トゥ・ウィンで果たした。

F2シルバーストン・レース2:フェルシュホー、ポール・トゥ・ウィンで初勝利。佐藤万璃音は16位

 シルバーストン・サーキットでFIA F2第4戦のレース2が行なわれた。優勝はリチャード・フェルシュホー(MPモータースポーツ)で、F2初優勝だ。

 レース2のスターティンググリッドは、レース1の上位10名がリバースグリッドで並んでスタートする形。ポールポジションはフェルシュホー、2番手にマーカス・アームストロング(DAMS)、3番手がダニエル・ティクトム(カーリン)という並びだ。

Read Also:

 全21周のレースがスタートすると、順当にポールのフェルシュホーがホールショットを奪い、アームストロング、ティクトゥムがそこに続いた。

 ただ1周目にはラルフ・ボシュング(カンポス)、アレッシオ・デレッダ(HWA)が絡むクラッシュがコプス(ターン9)で発生。これにより早くもセーフティカーが出動した。

 4周目でセーフティカーランが終了。リスタートではフェルシュホーがしっかりと先頭を守り、隊列にも大きな動きはなかった。

 そして6周目、ユアン・ダルバラ(カーリン)とベント・ビスカール(トライデント)がストウコーナーに横並びで入ると、イン側のダルバラが挙動を乱して2台が接触。ビスカールがグラベルにマシンを止めたことで、再びセーフティカーが出動した。なおダルバラは一度ピットに入りレースへ復帰したが、この接触で10秒のタイムペナルティが与えられている。

 2度目のセーフティカーは10周目で解除。ここでもフェルシュホーは先頭を守り、2番手のアームストロング以下に対する差を徐々に拡大。1秒以上の差を築いた。

 逃げるフェルシュホーの後ろでは、アームストロングとティクトゥムが2番手を争った。16周目にはティクトゥムが並びかける状況となったが、オーバーテイクには至らず。その後もティクトゥムはアームストロングにプレッシャーをかけ続けたが、追い抜くことはできなかった。

 レース2はフェルシュホーが一度もライバルを寄せ付けずにポール・トゥ・ウィンを達成。2位はアームストロング、3位はティクトゥムだ。

 日本人ドライバーの佐藤万璃音(トライデント)はレース2を18番手からスタート。最終的に16位でフィニッシュを果たしている。

 18日(日)に行なわれるレース3は、16日の予選順位でグリッドが決定。ポールポジションはオスカー・ピアストリ(プレマ)、2番手に周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、3番手にはフェルシュホーという並びとなっている。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Netherlands リチャード フェルシュホー Netherlands MPモータースポーツ 21 -       15
2 New Zealand マーカス アームストロング France DAMS 21 1.200 1.200 1.200   12
3 United Kingdom ダニエル ティクトゥム United Kingdom カーリン 21 2.300 2.300 1.100   10
4 Australia オスカー ピアストリ Italy プレマ 21 7.700 7.700 5.400   8
5 New Zealand リアム ローソン United Kingdom ハイテック 21 12.100 12.100 4.400   6
6 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック 21 14.800 14.800 2.700   4

シェア
コメント
F2シルバーストン:レース1は好スタート見せたシュバルツマンが逃げ切り。佐藤万璃音は18位

前の記事

F2シルバーストン:レース1は好スタート見せたシュバルツマンが逃げ切り。佐藤万璃音は18位

次の記事

F2シルバーストン:レース3、周冠宇がライバル寄せ付けず今季3勝目。佐藤は19位フィニッシュ

F2シルバーストン:レース3、周冠宇がライバル寄せ付けず今季3勝目。佐藤は19位フィニッシュ
コメントを読み込む