F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F2開幕戦バーレーンレース2:タイヤ交換奏功のギオット優勝! 松下またしてもタイヤに苦しむ

シェア
コメント
F2開幕戦バーレーンレース2:タイヤ交換奏功のギオット優勝! 松下またしてもタイヤに苦しむ
執筆:
2019/03/31 13:20

2019年のF2開幕戦バーレーンのレース2は、ルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が制した。

 FIA F2開幕戦バーレーンラウンドのレース2が行われた。23周のスプリントレースを制したのはルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)だった。

 前日に行われたレース1ではニコラス・ラティフィ(DAMS)が優勝。レース2ではレース1の上位8台がリバースグリッドとなり、優勝のラティフィは8番グリッド、そして8位のミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)がポールポジションからのスタートとなった。

 オープニングラップは各所でランオフエリアに飛び出すマシンがある中、シューマッハーがトップをキープした。

 3周目にセルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)がシューマッハーをかわしトップに。その後ルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、ラティフィ、ニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)が続々とシューマッハーをかわしていく。4周目にはギオットがトップに立ち、そこから独走状態に入った。

 9番グリッドからスタートした松下信治(カーリン)は、スタートで順位を落とすも9周目に7番手にまでリカバー。そんな中、レース1でタイヤの摩耗に苦しんだ松下はタイヤ交換作戦を敢行。11周目にミディアムタイヤからソフトタイヤに交換した。

 レース2ではタイヤ交換義務はないものの、タイヤの急激な性能劣化を危惧したギオット、デ・フリーズも13周目にピットイン。デ・フリーズはフレッシュタイヤでプッシュした松下の後ろでコース復帰となるが、15周目に松下をオーバーテイクした。

 DAMS勢はピットインせず、チームメイト同士でバトルをしながらワンツー体制を築く。しかし、そこにタイヤ交換を済ませたギオットが忍び寄る。ピットアウト時には14番手だったギオットはオーバーテイクショーを開演。あっという間にポジションを上げDAMSの2台を迫ると、いとも簡単に2台を攻略し2周あまりを残してついにトップに立った。

 ギオットはそのままトップでチェッカー。タイヤ交換作戦を有効に使い完璧なレース展開を見せた。
2位はセッテ・カマラ、3位はラティフィで、レース1と同じ顔ぶれの表彰台となった。

 ルーキー最上位は10番手スタートの周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が4位フィニッシュ。ポールスタートのシューマッハーは6位だった。

 松下はタイヤを交換したものの、ギオットほどの速さは見せられず。何度かブレーキをロックアップさせてしまう場面も見られ、最終的に12位に終わった。

→【リザルト】F2開幕戦バーレーン レース2結果

次の記事
F2動画|FIA F2選手権開幕戦バーレーン・レース1ハイライト

前の記事

F2動画|FIA F2選手権開幕戦バーレーン・レース1ハイライト

次の記事

ハース、F2参戦中のデレトラをシミュレータドライバーに起用へ

ハース、F2参戦中のデレトラをシミュレータドライバーに起用へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Bahrain
執筆者 戎井健一郎