F2アブダビ予選:ラッセルPPで王者に王手。牧野9位、福住19位

シェア
コメント
F2アブダビ予選:ラッセルPPで王者に王手。牧野9位、福住19位
執筆: 田中健一
2018/11/23 15:43

FIA F2のアブダビ戦予選が行われ、今季王者に王手をかけるジョージ・ラッセルがポールポジションを獲得した。

 FIA F2のアブダビラウンド予選が行われ、ジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)がポールポジションを獲得した。

 F2の予選セッション序盤、タイムシートのトップに立っていたのは、チャンピオンに王手をかけるジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)だった。しかしコースインのタイミングを遅らせたニック・デ・フリース(プレマ)とニコラス・ラティフィ(DAMS)がこれを上回る。

 残り時間8分30秒を切ったところで、各車が2度目のアタックのためにコースイン。念入りにタイヤを暖める。ただコース上は大混雑。各車スペースを確保するために苦心する。

 タイトルを目指すためにはポールポジション獲得が重要なアレクサンダー・アルボン(DAMS)は、ターン20で痛恨のミス。ソーセージ型縁石に乗ってしまい、タイムを更新できない。一方のラッセルは、セクター1こそ振るわなかったが、セクター2で全体ベストを記録し、タイムシートの首位に返り咲く。

 結局、ラッセルのタイムを上回るマシンはなく、ポールポジションを獲得。タイトルの可能性をグッと近づけた。2位にはデ・フリース、3位にラティフィとなった。

 日本勢は牧野任祐(ロシアンタイム)が9番手、福住仁嶺(アーデン)はフリー
走行こそまずまずだったものの、予選では19番手に沈んでしまった。今回がF2初参戦のダニエル・ティクトゥム(アーデン)は14番手だった。

→FIA F2選手権アブダビ 予選結果

次の記事
ティクトゥム、アブダビでF2デビュー決定。福住仁嶺とチームメイトに

前の記事

ティクトゥム、アブダビでF2デビュー決定。福住仁嶺とチームメイトに

次の記事

【動画】F2最終戦アブダビ予選ハイライト

【動画】F2最終戦アブダビ予選ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント アブダビ
執筆者 田中健一