F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F2モナコ予選:デ・フリーズ今季初PP。シューマッハー自己最高4番グリッド、松下は9番グリッド

シェア
コメント
F2モナコ予選:デ・フリーズ今季初PP。シューマッハー自己最高4番グリッド、松下は9番グリッド
2019/05/23 12:34

FIA F2モナコの予選が行われ、ニック・デ・フリーズがポールポジションを獲得した。

 FIA F2の第4戦となるモナコラウンドの予選が行われた。ポールポジションを獲得したのはニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)で、タイムは1分20秒676だった。

 今回のラウンドではコース上の混雑緩和のため、全20台のマシンを2つのグループに分け、10台ずつそれぞれ16分間の予選セッションを行った。

 全体でトップタイムを記録したドライバーがポールポジションとなり、そのドライバーが走行したグループのドライバーがタイム順に3番グリッド、5番グリッド……と奇数グリッドにつく。そしてもう一方のグループのドライバーがタイム順に2番グリッド、4番グリッド、6番グリッドに並んでいく……という流れだ。

 まずはカーナンバーが奇数のドライバーたちがコースインし、16分間のセッションへと向かっていった。

 最初の10分間はマシンのチェックを行い、タイムを出さずにピットに戻るドライバーが多く、大きな動きは見られなかったが、残り5分頃からタイム更新合戦がスタートした。

 残り3分で、セルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)が1分21秒597でトップに立つが、すぐさまカラム・アイロット(ザウバー/チャロウズ)が1分21秒462を記録し、それを更新した。ランキング4位につけているジャック・エイトキン(カンポス・レーシング)は、アタックラップで前方のマシンにことごとく引っかかってしまい、タイムを出せない。

 ラストアタックでセッテ・カマラがタイムを更新するも1分21秒537でアイロットには届かず。アイロットが予選1組目のトップとなった。土壇場でミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)が1分21秒469を記録して2番手に滑り込み、セッテ・カマラは3番手となった。エイトキンは最終的に9番手に沈んでしまった。

 続いてカーナンバーが偶数のドライバーによるセッションが行われた。まずは松下信治(カーリン)タイムを計測。1分22秒853でトップにつけた。

 この組も残り5分頃からタイム競争が本格化。デ・フリーズが1分21秒159でトップタイムを更新した。ポイントランキング首位のニコラス・ラティフィ(DAMS)もそれに続くが、1分21秒398で届かず、2番手となった。

 カンポス・レーシングのドリアン・ボコラチーがラスカス手前でクラッシュ。赤旗が掲示されるかと思われたが、ボコラチーはなんとか自力でピットへ戻ったため、すぐに黄旗が解除された。

 デ・フリーズの勢いは止まらず、その後自らのトップタイムを1分20秒676にまで更新し、圧倒的な速さを見せた。ルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)も最後のアタックで1分20秒台に突入するも、デ・フリーズを上回るまでには至らず2番手となった。その他、3番手にはラティフィが入り、松下は5番手、ジョーダン・キングの代役として参戦しているアーテム・マルケロフ(MPモータースポーツ)は6番手だった。

 なお、これらの結果により、レース1のポールポジションは全体トップタイムをマークしたデ・フリーズが獲得。デ・フリーズと同組のドライバーがタイム順に奇数グリッドにつくため、ギオットが3番グリッド、ラティフィが5番グリッド、松下は9番グリッドということになる。したがって、1組目のトップタイムであるアイロットが2番グリッドとなり、シューマッハーが4番グリッド、セッテ・カマラが6番グリッドといった形で、偶数グリッドにつく。

→【リザルト】FIA F2モナコラウンド予選結果

次の記事
代役でF2に復帰するマルケロフ「復帰は1戦だけ、仲間たちとの再会が楽しみ」

前の記事

代役でF2に復帰するマルケロフ「復帰は1戦だけ、仲間たちとの再会が楽しみ」

次の記事

【動画】F2モナコラウンド 予選ハイライト

【動画】F2モナコラウンド 予選ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Monaco