F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F2モナコレース2:0.059秒差の決着……ユベールが初優勝。松下入賞逃す

シェア
コメント
F2モナコレース2:0.059秒差の決着……ユベールが初優勝。松下入賞逃す
執筆:
2019/05/25 16:28

FIA F2モナコのレース2が行われ、BWTアーデンのアンソニー・ユベールが優勝した。

 FIA F2の第4戦、モナコラウンドのレース2が行われた。優勝したのはアンソニー・ユベール(BWTアーデン)だった。

 前日に行われたレース1では、ニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)がポールトゥウインを達成。2位にはルカ・ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が入ったが、車両規定違反により失格。3番手フィニッシュの松下信治(カーリン)が繰り上がって2位となった。

 レース2ではレース1の上位8台がリバースグリッドとなるが、失格のギオットは最後尾スタートに。レース1で9位フィニッシュ(繰り上げ8位)のアンソニー・ユベール(BWTアーデン)がポールポジション、松下は7番グリッドからのスタートとなった。

 30周のスプリントレースがスタート。ユベールがホールショットをとった。松下は6番手に上がった。

 3周目、ギオットと接触したタチアナ・カルデロン(BWTアーデン)がミラボーでクラッシュ。いきなりセーフティカーが導入されることとなったが、すぐさまマシンは撤去され、5周目からレースは再開された。

 ユベールを先頭に、ルイ・デレトラ(カーリン)、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)、アーテム・マルケロフ(MPモータースポーツ)がそれに続く。松下はペースの上がらない5番手のドリアン・ボコラチー(カンポス・レーシング)に引っかかってしまう。

 7周目には、ギオットとマハーヴィーラ・ラフナサン(MPモータースポーツ)がヘアピンで接触。ギオットはこのラウンドで1ポイントも獲得できず、タイトル争いにおいては大きな痛手となった。これらのマシンを排除するため、再びセーフティカーがコースインした。

 ボコラチーを攻略できずにいた松下は、16周目に突如9番手まで転落してしまう。

 18周目、ジュリアーノ・アレジ(トライデント)がシケインでショーン・ゲラエル(プレマ・レーシング)に追突され、後ろを向いてしまいリタイアとなった。ゲラエルはその直前、ヘアピンでもアレジに追突しており、結局接触の責任を問われ、ドライブスルーペナルティが科せられた。

 上位4台に順位の変動がないままレース終盤に突入するが、残り3周頃からデレトラがユベールに激しくプレッシャーをかけ始める。そこに周も加勢し、3台数珠つなぎでファイナルラップへと入っていく。

 デレトラはユベールの後ろにぴったりとつくが、仕掛けるタイミングを見つけられない。そんな中、ユベールが最終コーナーでわずかにスライド。その隙をついたデレトラがホームストレート上で並びかけるが、わずかに届かず……昨年のGP3(現FIA F3)王者であるユベールが0.059秒という僅差で初優勝を果たした。

 3位には周が入り、今季2度目の表彰台を獲得した。代役出場のマルケロフは4位でこのラウンドを締めくくり、再び日本のスーパーフォーミュラに戦いの場を移すこととなる。松下は結局9位のままフィニッシュ。ポイントを加算することはできなかった。

→【リザルト】FIA F2モナコラウンド:レース2結果

次の記事
【動画】F2モナコラウンド レース1ハイライト

前の記事

【動画】F2モナコラウンド レース1ハイライト

次の記事

【動画】F2モナコラウンド レース2ハイライト

【動画】F2モナコラウンド レース2ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Monaco
サブイベント Race 2
執筆者 戎井健一郎