福住仁嶺、ソチのレース2をポールポジションからスタート

シェア
コメント
福住仁嶺、ソチのレース2をポールポジションからスタート
2018/09/30 5:21

FIA F2のソチラウンドレース1で繰り上がり8位となった福住仁嶺が、レース2をポールポジションからスタートすることになった。

 FIA F2ソチラウンドのレース1で、8番手でフィニッシュしたロベルト・メリ(カンポス)がレース後に5秒のタイムペナルティを受け9位に降格。この結果、福住仁嶺(アーデン)が8位となり、リバースグリッドで行われるレース2のポールポジションを獲得した。

 フロントロウにはアレジオ・ロランディ(トライデント)が並ぶことになる。

 なお、牧野はレース1で10位だったため、レース2もこの10位からスタートする予定だ。

→FIA F2選手権ラウンド11ソチ レース結果

次の FIA F2 ニュース
F2ソチレース1:アルボン、抜群のタイヤマネジメントで優勝。日本人ダブル入賞

前の記事

F2ソチレース1:アルボン、抜群のタイヤマネジメントで優勝。日本人ダブル入賞

次の記事

F2ソチレース2:突然の雨も関係なし、ラッセル独走。ポールの福住悔しい7位

F2ソチレース2:突然の雨も関係なし、ラッセル独走。ポールの福住悔しい7位
Load comments

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント ソチ・アウトドローモ
記事タイプ 速報ニュース