FIA F2 Silverstone

レッドブルF1ドライブ直後のハジャーが予選最速。宮田は0.007秒差でスプリントレースのポールポジションを逃す|FIA F2シルバーストン予選

カンポスのアイザック・ハジャーが、FIA F2のシルバーストン戦予選で最速タイムをマーク。ローディンの宮田莉朋は11番手に終わり、スプリントレースのポールポジションをほんの僅かの差で逃した。

Isack Hadjar, Campos Racing

Isack Hadjar, Campos Racing

写真:: Formula Motorsport Ltd

 FIA F2の第8ラウンド、シルバーストン戦の予選が行なわれ、アイザック・ハジャー(カンポス)がトップタイムを記録した。宮田莉朋(ローディン)は11番手だった。

 イギリスはシルバーストン・サーキットを舞台に、F1イギリスGPに併催されているFIA F2の第8ラウンド。フリー走行は雨絡みのコンディションで行なわれ、FIA F3の予選も雨絡みだったが、F2の予選はドライコンディションでの幕開けとなった。

 セッション序盤から各車が積極的に周回を重ねたが、まず速さを見せたのがプレマのオリバー・ベアマン。直前にF1のフリー走行1回目でハースのマシンをドライブしたばかりだったが、ハイテックのポール・アーロンを僅かに抑えて首位に立った。タイムは1分40秒918だった。

 ただまだまだ各車のタイヤは衰えていないようで、デニス・ハウガー(MPモータースポーツ)やガブリエル・ボルトレト(インヴィクタ)らが、次々とタイムを更新していった。

 そんな中、さらにタイムを伸ばしたのがアーロンで、1分40秒181をマーク。自身の1回目のアタックを0.8秒ほど上回ってみせた。

 これでセッションは折り返しとなり、アーロンの後方にはクシュ・マイニ(インヴィクタ)、ザク・オサリバン(ARTグランプリ)らが続いた。宮田は序盤のアタックを終えた時点で16番手だった。

 残り10分という頃から、各車がタイヤを交換して再びコースイン。念入りにタイヤを温め、アタックに入っていった。

 このアタック2回目の序盤には、アーロンが手痛いスピン! タイヤを痛めてしまうことになった。

 MPモータースポーツのフランコ・コラピントとハウガーが1-2を占めるシーンもあったが、これを上回ったのがカンポスのアイザック・ハジャー。ハジャーもF1のFP1をレッドブルのマシンで走ったばかりのドライバーである。これにヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)が続いた。宮田も10番手まで上げ、最後のアタックを迎えることになった。

 首位のハジャーは、今のタイムで十分だと判断したか、ピットへ帰還した。

 その間に、宮田のチームメイトであるゼイン・マローニがアタックを決めて9番手に浮上。これで宮田は11番手となり、トップ10から弾き出されてしまった。

 このマローニの他に目立って順位を上げるドライバーはおらず、ハジャーが1分39秒368で首位。日曜日に行なわれるフィーチャーレースのポールポジションを獲得した。2番手マルタンスに約0.3秒の差をつける、圧倒的なペースだった。

 以下ハウガー、コラピントと続き、ベアマンが5番手となった。

 土曜日のスプリントレースは上位10名がリバースグリッドとなるため、10番手につけたプレマのアンドレア・キミ・アントネッリがポールポジションからスタートする。宮田は0.007秒差でトップ10入りを逃し、リバースグリッドの恩恵を受けることはできなかった。

 
   
1
 - 
3
   
順位 ドライバー # 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France アイザック ハジャー カンポス 20 12

1'39.368

  213.424
2 France ヴィクトー マルタンス ARTグランプリ 1 13

+0.251

1'39.619

0.251 212.887
3 Norway デニス ハウガー MPモータースポーツ 11 12

+0.320

1'39.688

0.069 212.739

前の記事 トラブル多発の荒れた展開の中、ガブリエル・ボルトレトがF2初優勝。宮田莉朋は完走ならず|FIA F2シュピールベルグ フィーチャーレース
次の記事 F1候補生アントネッリが雨で大荒れのシルバーストンを逃げ切り、F2初優勝。宮田莉朋は10位|FIA F2シルバーストン スプリントレース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本