F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
50 days

F2で2度目のポールポジション、松下信治「レースでは最後まで生き残るのが大切」

シェア
コメント
F2で2度目のポールポジション、松下信治「レースでは最後まで生き残るのが大切」
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/04/26 14:09

F2のアゼルバイジャンラウンドの予選でポールポジションを獲得した松下信治が、決勝レース1に向けて意気込みを語った。

 FIA F2の第2戦アゼルバイジャン・ラウンドの予選で、カーリンの松下信治がポールポジションを獲得した。彼のタイムは、2番手のニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)に0.444秒もの差をつける、圧倒的なモノだった。

「良いラップでした。前にここに来たのは、2017年のことでした。レースに向けては重要な結果で、良かったと思います」

 松下は予選後の記者会見でそう語った。

「良いフリー走行ができました。そしてたくさんのデータを分析しましたし、それを予選までにまとめ上げることができました」

 なお前ラウンドのバーレーン戦では、予選で6番手になりながら、レース1を9位、レース2で12位と、満足いく結果を残すことができなかった。いずれもタイヤマネジメントに苦しめられた形だった。今回のレースも、松下にとってはタイヤが重要な要素になりそうだ。

「バーレーンは、もっとうまくできたはずでした。6番手という予選は悪くなかったと思いますけど、レースではタイヤで大失敗してしまいました。だから残りのレースでうまくやるために、チームとともにたくさん分析してきたんです。バーレーンでは、マネジメントがうまくできなかったんです」

「レースペースについては、フリー走行ではあまり確認できませんでした。でもそれは他のドライバーも同じだと思います。決勝に向けては自信を持っています。ここのコースは、それほど大きなデグラデーションはありませんからね。(ルカ)ギオット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)はレースで速いと思いますけど、タイヤのマネジメントをしっかりできるようにしたいと思います」

 また今回の戦いの舞台は、壁に囲まれたバクー……サバイバルレースとなることも多い。松下も最後まで生き残ることがまず大切だと考えている。

「このサーキットで重要なのは、最終ラップまで生き残ることだと思います。だから愚かなミスをせずに、それに集中したいと思います」

 FIA F2のアゼルバイジャン・ラウンド、レース1は、日本時間の4月27日(土)の17時にスタートする。

次の記事
【動画】松下信治PP獲得! FIA F2アゼルバイジャン予選|ハイライト動画

前の記事

【動画】松下信治PP獲得! FIA F2アゼルバイジャン予選|ハイライト動画

次の記事

F2アゼルバイジャンレース1:波乱のレースをエイトケンが制す。松下はトラブルに泣き13位

F2アゼルバイジャンレース1:波乱のレースをエイトケンが制す。松下はトラブルに泣き13位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Baku
ドライバー 松下 信治
チーム カーリン
執筆者 Ken Tanaka