F1
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

F2シュピールベルク2予選:角田裕毅、デビュー2戦目にして初のポールポジション獲得!

シェア
コメント
F2シュピールベルク2予選:角田裕毅、デビュー2戦目にして初のポールポジション獲得!
執筆:
2020/07/10 15:45

FIA F2第2戦シュピールベルクの予選が行なわれ、角田裕毅がポールポジションを獲得した。佐藤万璃音は11番手、松下信治は14番手だった。

 FIA F2第2戦シュピールベルクの予選がレッドブルリンクで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは角田裕毅(カーリン)で、F2デビュー2戦目にして初のPP獲得となった。

 開幕戦と同じレッドブルリンクが舞台の第2戦。フリー走行では開幕戦に続き角田がトップタイムを記録し、速さをアピールしていた。

 30分間の予選がスタート。角田、ユアン・ダルバラのカーリン勢が先頭でコースインし、各車一斉にコースになだれ込んでいった。そんな中、プレマの2台だけはピットアウトせず、そのままピットで待機しタイミングを見計らっていた。

 各車軒並み計測3周目にアタックに入り、角田が1分15秒132でトップに立つ。しかしながら、開幕戦ポールシッターの周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が1分14秒933をマーク。角田は2番手に下がった。

 ただ角田も負けじと2度目のアタックに入り、1分14秒803をマークして再びトップの座に返り咲いた。開幕戦レース1の勝者であるカラム・アイロットも好タイムを記録したが、及ばず2番手。角田が好調ユニ-ヴィルトゥオーシ勢を従える格好となった。このタイミングで佐藤万璃音(トライデント)も1分15秒230をマークし、7番手に浮上した。

 セッション開始から10分が経ち、プレマ勢もようやくコースに。他のマシンがピットに引き上げる中、ロバート・シュバルツマンが5番手タイム、ミック・シューマッハーが12番手タイムを記録した。

 この時点で、予選トップ5は角田、アイロット、周、ルカ・ギオット(ハイテック)、シュバルツマン。佐藤は8番手、松下信治(MPモータースポーツ)は15番手だ。

 残り10分頃から各車が最後のアタックに向けて再びコースイン。十分なウォームアップを挟み、残り5分頃からアタックラップに入っていった。

 2戦連続のPPを目指してアタックに入った周だったが、ターン3のブレーキングでスロー走行のシューマッハーとニアミスしタイムロス。次の周に再度アタックを試みるも、タイムは1分14秒841。角田にわずか0.038秒届かなかった。

 アイロットも終盤に自己ベストを更新するも、こちらも角田には0.085秒届かず。これで角田のポールポジションが確定した。

 今季FIA F3からFIA F2にステップアップした角田にとって、これがF2初のポールポジション。開幕戦は速さを見せながらもほろ苦いレースとなっただけに、その借りを返す形となった。2番手には周、3番手にはアイロットが続いた。

 他の日本勢は、佐藤がトップ10入りを逃すも11番手。自己最高グリッドを獲得した。松下は14番手となった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Japan 角田 裕毅 United Kingdom カーリン 14 1'14.803     207.809
2 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ・ヴィルトゥオーシ 14 1'14.841 0.038 0.038 207.704
3 United Kingdom カラム アイロット United Kingdom ユニ・ヴィルトゥオーシ 14 1'14.888 0.085 0.047 207.573
4 Italy ルカ ギオット United Kingdom ハイテック・レーシング 14 1'14.974 0.171 0.086 207.335
5 United Kingdom ジャック エイトケン Spain カンポス・レーシング 14 1'14.976 0.173 0.002 207.330

F2シュピールベルク2:角田裕毅が開幕戦に続きフリー走行でトップタイムを記録

前の記事

F2シュピールベルク2:角田裕毅が開幕戦に続きフリー走行でトップタイムを記録

次の記事

DAMS代表、F2開幕戦で活躍のティクトゥムを称賛「成熟したスポーツマンになった」

DAMS代表、F2開幕戦で活躍のティクトゥムを称賛「成熟したスポーツマンになった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Spielberg II
執筆者 戎井健一郎