【GP2】カーリン、GP2参戦終了。今後は他カテゴリーに集中

カーリンは、GP2との契約満了を機に参戦を終了し、今後は他のカテゴリーに力を入れていくと語った。

 2011年のGP2 アジアシリーズからGP2への参戦を始めたカーリンは、2012年にマックス・チルトンを擁して初優勝、初ポールポジションを獲得した。

 その2012年、チルトンはランキング4位でシリーズを終えた。翌年チルトンはF1デビューを果たし、代わってフェリペ・ナッセがカーリンに加入した。

 チルトン、ナッセ、その後チームに加入したジョリオン・パーマーの3人は、カーリンに4度のポールポジションと8勝をもたらした。

 カーリン内部の人物は、motorsport.comの姉妹サイトであるAUTOSPORT.comに対し、こう話した。

「我々カーリンとGP2との契約が終了した。我々は何度も表彰台を獲得し、レースに勝利し、タイトルを争って素晴らしい成績を収めてきたことに非常に満足している」

「今は、我々のレースプログラムにおいて、他の分野に集中し始める時だ」

 カーリンの言う他の分野とは、F3ヨーロッパ、ユーロフォーミュラ・オープン、BRDCイギリスF3、イギリスF4、アメリカのインディ・ライツやUSF2000が含まれている。また、2018年にはインディカーにも参戦することを計画している。

 GP2では、昨年のモナコでマーヴィン・ キルホッファーが表彰台を獲得したが、これがカーリンにとって最後の表彰台となった。そしてカーリンは唯一、2016年に参戦したチームの中で、2017年に参戦しないチームとなった。

 GP2のウェブサイトでは、11番目のチームはまだ”TBA(to be announced)”となっている。この枠にはヒルマー・モータースポーツが名乗りを挙げているが、まだこれは確定していないようだ。同チームは、昨年11月にGP2への復帰を発表している。

【関連ニュース】

【GP2】2017年開幕戦にバーレーンラウンドが復帰。全11戦予定

【GP2】2018年からV6ターボ採用へ。しかしタイヤ幅は広げず

【GP2,F1】ジョビナッツィ「フェラーリに声をかけて貰えたのは驚き」

【スーパーフォーミュラ】GP2代表「バンドーンがSFで得たものは僅か」

【スーパーフォーミュラ】バンドーン「SFは貴重な経験だった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
チーム Carlin
記事タイプ 速報ニュース