【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

F1への登竜門、GP2シリーズに参戦している松下信治は自身の課題を整理し、3年目の勝負のシーズンを戦っていくと誓った。

 F1への登竜門と呼ばれるGP2に参戦して、3年目のシーズンを迎える松下信治(ARTグランプリ)は、今シーズンを”勝負の年”と位置づけている。

 昨年、モナコのレース2で完璧なレース運びで優勝を飾った松下。しかしその一方、アゼルバイジャン・バクーでのレースで多重クラッシュの原因を作ったとして1戦出場停止のペナルティを受けてしまうなど、波に乗り切れないシーズンを送った。

 マクラーレンのテスト/開発ドライバーも務める松下は、マクラーレンのファクトリーでシミュレーターに乗りながらトレーニングを積み、昨シーズンの自身の戦いを見直しているという。

「去年失敗したことと、うまくいったことを整理しています。シーズン中は見返す時間がないので」と松下は語った。

「3年目なので経験もあるし、取りこぼしがないレースをして毎レースポイントを獲れば、チャンピオン争いができると思います。力強いレースをします」

「去年も前半戦は調子良かったですけど、ふとしたことでつまづくのがレースだと思うので、そういったことがないように頑張ります」

「メンタルの面ではバクーの時もそうでしたけど、勝てる目前になった時に、それに意識が向き過ぎて周りが見えなくなってしまったことが結構あったので、もうやらないように。あとは逆に上手くいったことを思い出し、失敗したことと明確に分けて、全部上手くいくようにしていきます」

 ホンダは、モータースポーツ界で活躍する若手ドライバーの発掘・ステップアップを目的としたプログラム「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」を展開している。このプロジェクトでは、松下の他にもARTグランプリからGP3に参戦している福住仁嶺が2年目のシーズンを迎え、さらに今年、牧野任祐がハイテック・ジーピー(HITECH GPからヨーロッパF3に参戦する。

 ”ライバル”が増えたことについて、松下は次のように語った。

「実際に一緒にレースをするわけじゃないのでライバルではないですけど、もちろん自分がいなくなった後には……ということにはなると思うので、自分は上に行く、それだけしか考えていないです」

「他のふたりのレースは気にならないです。そういうのを気にしていると、自分のポテンシャルを出せないと思います。何か聞いてきたらアドバイスはしますけど、自分は偉そうに言う立場にはないので」

 松下は、F1に行くためには週末の”走り始め”からの速さが一番の課題だとし、かつてのチームメイト、ストフェル・バンドーンはその点で非常に優れており、学ぶべきことが多いと語った。

「ヨーロッパのドライバーというのは、フリー走行からポンと速いんですよ。だから予選でも僕らよりもステップが少なくて済んで、当然ミスも少ない。それに、バクーの時のようにレースでいろんなことが起きても、仮に彼ならもっと冷静に対処できると思います。そういうドライバーとしての”厚み”の部分で学ばなきゃいけないと思います」

 ヨーロッパのドライバーとの走り始めの速さの違いについては、松下は次のように答えた。

「文化的な違いではありません。あまりにも経験が少なく、コースも知らない、タイヤも知らないという状況で壁にぶち当たったのが大きかったと思います。やっぱりそこは経験の差が大きいと思います。でもその中でも、思い切りの良さとか勘の強さでいきなり来て速いドライバーはいます。なので、日本人だから負けるとかではなく、できると思っています」

 F1に行くための課題をはっきり認識し、3年目のGP2に挑む松下。本人が言うように、今年は”勝負の年”となる。

【関連ニュース】

【F3欧州選手権】牧野任祐の参戦発表「スーパーライセンスを獲りたい」

【スーパーフォーミュラ】Wタイトル奪還狙うホンダ、SF参戦体制発表

【F1】バンドーン「昨年のF1は、SFと比べて”正常”じゃなかった」

【GP2】松下信治モナコのレース2で優勝。モンテカルロに君が代が流れる

【GP2】バンドーン「ノブ(松下信治)は勝つべくして勝った。おめでとう!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2 , F1
ドライバー 松下 信治
記事タイプ 速報ニュース