【GP2】DAMS、今季はラティフィとローランドの起用を発表

GP2の名門DAMSは、今年は昨年に引き続きニコラス・ラティフィと、新契約を結んだオリバー・ローランドの起用を発表した。

 GP2に参戦する名門チームのDAMSは、今シーズンのドライバーラインアップを発表。同チーム2年目のニコラス・ラティフィと、新たにオリバー・ローランドと契約したことを明かした。

 昨年、MPモータースポーツからGP2に初参戦した24歳のオリバー・ローランドは、今年はチームを移籍し、DAMSから参戦することを発表した。

 ローランドは、これまでフォーミュラ・ルノー2.0などでも活躍し、フォーミュラ・ルノー3.5ではチャンピオンを獲得している。

 昨シーズン序盤は表彰台を獲得するなどの活躍を見せたが、最終的なランキングは9位でシーズンを終えた。

「昨年初めてGP2に参戦して、タイヤに関しては難しいと感じた。でもポジティブなこともあったし、何度か良い結果を残すこともできた。今シーズンに向けては、レースへのアプローチの仕方も良くなっていると思うし、それを実践するのが楽しみだ」

 またローランドのチームメイトは、昨年もDAMSに在籍した21歳のニコラス・ラティフィが務める。

 ラティフィは昨年、バルセロナで行われた開幕戦のレース1で2位を獲得したが、それ以降のレースではわずか6ポイントしか獲得できず、ドライバーズランキングは16位だった。

 またローランドとラティフィは、昨年ルノーF1チームとも関わっており、ローランドはフォーミュラ・ルノー3.5のタイトル獲得後にルノーのヤングドライバープログラムに加入し、ラティフィにはテストドライバーの役目が与えられた。

「僕たちの大きな目標は、常に上位で走り、チャンピオンシップにおいて昨年よりも良い成績を残すことだ」とラティフィは話した。

「このチームで2年目のシーズンを過ごせることになって本当に嬉しい。チームのみんなと仕事のための関係を築くことができた。GP2ではトラックにいる時間は多くないし、常にその場のコンディションに適応しなければいけないので、(スタッフとの関係は)今年も僕の大きな助けになるだろう」

「自分が改善しなければいけない点もわかっているし、チームもそれを把握している」

 彼らは、昨シーズン終了後にアブダビで行われた3日間のテストですでにDAMSのマシンをドライブしており、ラティフィはトップタイムをマークしていた。

 GP2では、2011年から昨年までダラーラ製シャーシ『ダラーラ GP2/11』が使われていたが、その間DAMSはロマン・グロージャン(現ハース)やジョリオン・パーマー(現ルノー)、ダビデ・バルセッキなどのタイトル獲得に貢献してきた。しかし昨シーズンは、チームにとって最悪のシーズンとなってしまった。

 昨シーズンまで2年間DAMSに在籍し、タイトル獲得に大いに期待を抱いていたアレックス・リンは、スプリントレースで3勝を挙げたものの、ランキング6位に終わっている。

2017 GP2 ドライバーラインアップ(2月13日時点)

TeamDrivers
プレマ・レーシング

 シャルル・ルクレール

 アントニオ・フォッコ

Racing Engineering

 ルイス・デレトラズ

 グスタフ・マルヤ

Russian Time  アルテム・マルケロフ
ART Grand Prix

 松下信治

 アレクサンダー・アルボン

DAMS

 オリバー・ローランド

 ニコラス・ラティフィ

Campos Racing TBA
MP Motorsport  セルジオ・セッテ・カマラ
Trident TBA
Rapax TBA
Arden

 シーン・ジェラール

 ノーマン・ナトー

【関連ニュース】

【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

【GP2,GP3】2017年カレンダーが確定。ヘレスでGP2初レース

【GP2】カーリン、GP2参戦終了。今後は他カテゴリーに集中

【GP2,F1】ジョビナッツィ、フェラーリのリザーブ起用が決定

【GP2】2018年からV6ターボ採用へ。しかしタイヤ幅は広げず

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA F2
ドライバー ニコラス ラティフィ , オリバー ローランド
チーム ダムス
記事タイプ 速報ニュース