HWA、2021年シーズン限りでFIA F2から撤退。FIA F3からの撤退も決定済み

HWAレースラボは、今シーズン限りでFIA F2から撤退することを明らかにした。

HWA、2021年シーズン限りでFIA F2から撤退。FIA F3からの撤退も決定済み

 HWAレースラボは、今季限りでFIA フォーミュラ2(FIA F2)への参戦を終了することを明らかにした。同チームは、既に今季限りでFIA F3への参戦も終了することを明らかにしており、F1直下のジュニアカテゴリーから、相次いで撤退するということになる。

 HWAはこれらのカテゴリーから撤退することで、GTカーおよび耐久レースのプログラムを強化することを目指すようだ。

 HWAは2019年にアーデンのテクニカルパートナーを務めた後、同チームを引き継ぐ形で2020年にF2への参戦をスタートさせた。

 同チームのF2での最高成績は、今年のF1ロシアGPの併催としてソチ・オートドロームで行なわれたスプリントレースでの、ジェイク・ヒューズの4位だった。ただこれも含めて、HWAは今季2回しか入賞できておらず、チームランキングは最下位に低迷している。

「波乱に満ちた3年間の後、HWAレースラボ・チームは、今シーズン限りでFIA F3とFIA F2の両方から撤退する。そして今後は、これらふたつのシリーズの今後の活動は控えることになる」

 声明ではそう語られている。

「HWA AGは、現在の事業計画とその戦略を遂行するために必要なリソースを割り当てるために、この決定を下した」

「HWA AGにおいては、モータースポーツは今後も引き続きとても中心的な役割を果たすことになる。将来的にHWA AGは、メルセデスAMGのカスタマーレーシングおよびカスタマー向けサービスプロバイダ、開発パートナーとしてGTと耐久レースに注力していく予定だ」

「弊社は他のプロジェクトにも関与してイノベーションを推進し、アイデアを生み出していく」

「HWAレースラボ・チームは、過去数年間の間に協力してくれた全てのパートナーとサポーター、そしてチームとレースシリーズに関係する全ての人々に感謝する。我々は将来のプロジェクトに活かすことができる、多くの経験を積むことになった」

 

Read Also:

シェア
コメント
F2&F3は“複雑”な3レース制から2レース制に回帰へ。ドライバー達もこの変更を支持
前の記事

F2&F3は“複雑”な3レース制から2レース制に回帰へ。ドライバー達もこの変更を支持

次の記事

F2選手権首位のオスカー・ピアストリ、来季はアルピーヌF1のリザーブドライバーに。2023年のシート獲得目指す

F2選手権首位のオスカー・ピアストリ、来季はアルピーヌF1のリザーブドライバーに。2023年のシート獲得目指す
コメントを読み込む