メルセデス傘下のHWA、アーデンを引き継ぎ来季からF2参戦へ

HWAは、来季からアーデンのエントリーを引き継ぐ形で、FIA F2への参戦を開始することが分かった。

メルセデス傘下のHWA、アーデンを引き継ぎ来季からF2参戦へ

 HWAが、2020年シーズンからアーデンのエントリーを引き継ぐ形でFIA F2選手権に参戦することになった。

 HWAはメルセデスの前線部隊として、様々なレースに参戦してきた。昨年までDTMでメルセデスのマシンを走らせ、フォーミュラEではメルセデスのワークス参戦の”下準備”も兼ね、2018-2019年シーズンにエントリーした。

 フォーミュラEについては、メルセデスがワークス参戦する2019-2020年シーズンも同チームの運営を担当。DTMでは今季、アストンマーチンを走らせるR-モータースポーツをサポートしている。

 また2019年からFIA F3選手権にも進出。ジェイク・ヒューズがレッドブルリンクで勝利を手にするなど、ランキング7位となった。

 来季からはこれらの活動に、FIA F2への参戦も加わることになった。これまでF2に挑んできたアーデンのエントリーを引き継ぐ形になるという。

 アーデンは今季、スパ・フランコルシャンのレース1中に事故に遭い、命を落としたアントワーヌ・ユベールを擁して2勝を挙げた。チームにはすでにHWAのエンジニアが加わっており、ユベールの活躍の背景には、その存在も大きく寄与していたと考えられている。

「若いドライバーたちのためのフォーミュラシリーズで、このチャレンジを行うことを楽しみにしている」

 HWAのCEOであるウルリッヒ・フリッツはそう語る。

「FIA F3選手権への参戦と並び、FIAのフォーミュラシリーズのピラミッドの、次のレベルにも関わり、才能ある若者の能力を育てることができるようになる」

「またこれは、HWAのモータースポーツの専門知識の幅広さを示すことにもなる。フォーミュラEからDTMやGTレースまで、若いドライバーの育成について、今や信じられないほど広い範囲をカバーしている」

 アーデンはこれまで、F1をサポートするF2やGP2、そしてF3やGP3などに参戦。その間、セルジオ・ペレスやセバスチャン・ブエミ、ヘイキ・コバライネン、エドアルド・モルタラ、ジョリオン・パーマーなど、多数のトップクラスのドライバーを輩出してきた。

 チームの共同設立者であり、レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーの父親でもあるギャリー・ホーナーは、今回の決断を「他の道を探る」ために使うとしている。

「アーデンは20年以上にわたり、F1直下のカテゴリーで成功を収めてきた。そして他の道を探るために、このカテゴリーから離れることを決めた」

 そうギャリー・ホーナーは語った。

「我々はGP2やF2での戦いを楽しんできた。将来のある時点で、グリッドに戻ることを検討するかもしれない」

 チーム代表は、ケニー・カーワンが引き続き務めることになるという。過去3年にわたってアーデンのF2チームを率いてきたカーワンは次のように話した。

「これは非常にエキサイティングなニュースであり、開発とパフォーマンスの観点から、我々はさらなる飛躍を遂げることができるはずだ」

「アーデンとHWAのパートナーシップは今季非常にうまく機能しており、アブダビで勝利を手にすることで、それを締めくくるつもりだ」

シェア
コメント
“苦労人”デ・フリーズ、F1昇格ならずも「ここまでチャンスを与えてくれて感謝」
前の記事

“苦労人”デ・フリーズ、F1昇格ならずも「ここまでチャンスを与えてくれて感謝」

次の記事

スパの悲劇から3カ月……コレアが怪我の状態とレース復帰への想い語る

スパの悲劇から3カ月……コレアが怪我の状態とレース復帰への想い語る
コメントを読み込む