F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ルノーと育成契約を更新したばかり……プロスト「ユベールをF1に乗せてあげたかった」

シェア
コメント
ルノーと育成契約を更新したばかり……プロスト「ユベールをF1に乗せてあげたかった」
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/09/03 3:00

ルノー育成ドライバーのアントワーヌ・ユベールが事故死したことを受け、アラン・プロストがインタビューに答え、心境を語った。

 FIA F2ベルギーラウンドでアントワーヌ・ユベールが亡くなる大事故が起きた翌日、4度のF1世界チャンピオンであるアラン・プロストがインタビューに答えた。

Read Also:

 プロストは現在、ルノーのノン・エグゼクティブディレクターを務めており、ルノー育成ドライバーであるユベールの成長を近くで見てきた。そのため、今回の悲劇には特にショックが大きかったという。

「レース界全体にとってつらい1日となった」

「我々にとって非常に悲しく、つらいことになった。知っての通り、彼は我々のアカデミーの一員だったので、家族や友人、兄弟を亡くしたようなつらさがある」

「個人的には、1980年代に起こった出来事を思い出した。もうそんなこと(死亡事故)は2度と起こらないだろうと常に思っていたが、やはり起こり得るものなのだ」

「モータースポーツは危険と隣り合わせだ。ただ、多くのスポーツに危険が潜んでいる中で、モータースポーツはおそらく安全なスポーツのひとつだとも言える」

「自転車競技でも今年、ふたりの若者が亡くなった。こういう悲劇は奇しくも若者に降り掛かってしまうんだ。とてもつらい出来事だが、我々は一緒になって改善していく必要がある。我々はこのスポーツ、そしてこの人生を愛している」

 昨年GP3(現FIA F3)チャンピオンに輝いたユベールは今季、BWTアーデンからF2デビューを果たした。モナコと母国フランスのレース2で勝利を挙げるなど、ルーキーながら頭角を現しており、事故当日にはルノーとの育成ドライバー契約を更新したばかりだった。

 プロストはさらにこう続けた。

「私は彼をアカデミーに推薦した。彼とは頻繁に話をしたよ。とても良い子で頭も良く、クレバーで好奇心旺盛だった」

「彼は今年、オーストリアでF1マシンに乗ってテストをした。来季のF2参戦に向けて、ドライバープログラム(契約)を昨日更新したばかりだった。彼をF1まで昇格させてあげたかったので、とても残念だ。言葉にならない。22歳は若すぎる」
 
 ルノーのF1マネージングディレクターであるシリル・アビテブールも、ユベールの事故死に際してコメントを残した。
 
「彼の才能は特別なものだった。順調にジュニアシリーズを勝ち上がってきていて、その活躍は非常に印象深かった」

「昨年にGP3でタイトルを獲得したことは、彼にとって活力になっただろうし、彼が何より際立っていたのはそのハードワークだった」

「彼はハードワークによって何ができるかを示す良い例だった。彼が純粋な才能だけでチャンスを掴んできたとは思わない。彼の仕事ぶり、人々との関わり方がそれをよく表している」

次の記事
F1新チームの参入は、早くても2022年以降「まずは新規則の安定が重要」

前の記事

F1新チームの参入は、早くても2022年以降「まずは新規則の安定が重要」

次の記事

ストレートでフェラーリに完敗……メルセデス、モンツァで勝機はある?

ストレートでフェラーリに完敗……メルセデス、モンツァで勝機はある?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー Alain Prost , アントワーヌ ユベール
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble