F2シルバーストン:レース1は好スタート見せたシュバルツマンが逃げ切り。佐藤万璃音は18位

FIA F2第4ラウンド、シルバーストンのレース1が行なわれ、ロバート・シュバルツマン(プレマ)が優勝した。

F2シルバーストン:レース1は好スタート見せたシュバルツマンが逃げ切り。佐藤万璃音は18位

 2021年FIA F2第4戦のレース1がシルバーストン・サーキットで行なわれた。素晴らしいスタートを見せたロバート・シュバルツマン(プレマ)が優勝した。

 予選結果のトップ10をリバースグリッドとし、21周のスプリントレースとして行なわれるレース1。ポールポジションには予選10番手のクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)。2番グリッドには同9番手のユーリ・ヴィップス(ハイテック)が並んだ。佐藤万璃音(トライデント)は21番手だ。

 抜群のスタートで一気にトップに躍り出たのは、4番手スタートのシュバルツマン。ヴィップス、ルンガーがそれに続いた。

 オープニングラップの混乱の中で、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がスピン。コース上でマシンを止めてしまった。後続のマシンはなんとか周を避けたが、周は再始動できず早速セーフティカー(SC)出動となった。

 4周目からレースが再開されるが、今度はアレッシオ・デレッダ(HWA)が単独スピンしコース上で立ち往生。再度SC導入となった。

 7周目のリスタートも決めたシュバルツマンはファステストペースで逃げの体制。ヴィップスもなんとか食らいついていたが、シュバルツマンとの差はジリジリと開いていってしまった。

 しかし12周目、今度はギリェルメ・サマイア(チャロウズ)がグラベルでマシンを止め、3度目のSC出動。このタイミングで何台かピットインし、タイヤを履き替えた。

 3度目のリスタートも危なげなく決めたシュバルツマンは、再びファステストラップを叩き出してヴィップスをDRS圏外に追いやった。

 ファイナルラップでヴィップスとの差が再び1秒以内となったものの、シュバルツマンはスキを見せずにトップチェッカー。3位にはルンガーが入った。

 第3戦終了時点でポイントリーダーだった周が痛恨のノーポイントに終わったこともあって、シュバルツマンがポイントリーダーに浮上。6位となったオスカー・ピアストリ(プレマ)がランキング2番手だ。

 10位には、ピットイン組トップのリチャード・フェルシュホー(MPモータースポーツ)が入った。レース2ではレース1の上位10台がリバースグリッドに並ぶため、フェルシュホーがポールポジションからレース2をスタートすることになった。

 佐藤は一時17番手までポジションを上げたが、2度目のSC走行中にスロー走行でピットイン。他車との接触で右フロントサスペンションにダメージを負ってしまったようで、チームクルーは修復作業を実施。佐藤は4周遅れて走行に復帰し、18位でレースを終えた。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 21 -       15
2 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック 21 0.900 0.900 0.900   12
3 Denmark クリスチャン ルンガー France ARTグランプリ 21 2.500 2.500 1.600   10
シェア
コメント
F2シルバーストン予選:ピアストリがポールポジション獲得。佐藤万璃音は21番手
前の記事

F2シルバーストン予選:ピアストリがポールポジション獲得。佐藤万璃音は21番手

次の記事

F2シルバーストン・レース2:フェルシュホー、ポール・トゥ・ウィンで初勝利。佐藤万璃音は16位

F2シルバーストン・レース2:フェルシュホー、ポール・トゥ・ウィンで初勝利。佐藤万璃音は16位
コメントを読み込む