予選レポート
FIA F2 Barcelona

ポイントリーダーのアロンがポールポジション。宮田莉朋は6番手|FIA F2バルセロナ予選

FIA F2第6戦バルセロナの予選が行なわれ、ポール・アロン(ハイテック)がポールポジションを獲得した。

Paul Aron, Hitech Grand Prix

Paul Aron, Hitech Grand Prix

写真:: Formula Motorsport Ltd

 スペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットを舞台にFIA F2の第6戦が開幕。予選では、ポール・アロン(ハイテック)がポールポジションを獲得した。

 前戦モナコから約1ヵ月。快晴の中で30分間の計時予選がスタートした。

 セッション開始から6分半が経ったところで、テイラー・バーナード(AIX)がターン9でクラッシュしたことで赤旗中断。この時点で、トップはアロンの1分25秒385だったが、約半数のドライバーがまだタイムを刻んでいなかった。

 セッション再開後、一度タイムを出したマシンがピットに戻る中でアイザック・ハジャー(カンポス)がトップタイムを1分25秒205に更新。プレマのアンドレア・キミ・アントネッリが2番手に続いた。

 一旦全車がピットに戻った後、残り時間8分を切ろうかという頃、各車が2セット目のタイヤを履き続々とコースに向かった。ローディンの宮田莉朋は、この時点で7番手につけた。

 アロンが1分24秒766までトップタイムを更新する中、宮田もセクター1で最速タイムを記録するなどして2番手にポジションを上げた。

 アタック合戦はその後も続くが、トップタイムにはわずかに届かず。ポイントリーダーのアロンがポールポジションを獲得した。

 2番手はジャック・クロフォード(ダムス)、3番手はフランコ・コラピント(MPモータースポーツ)がつけた。

 宮田は最終的に6番手。チームメイトでランキング3番手のゼイン・マローニは17番手に沈んだ。

 なお土曜日のスプリントレースは予選上位10台がリバースグリッドに並ぶため、予選10番手のクシュ・マイニ(インヴィクタ・レーシング)と予選9番手ヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)がフロントロウに並ぶ。

   
1
 - 
3
   
順位 ドライバー # 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1
Paul Aron Hitech Pulse-Eight
17 9

1'24.766

  198.546
2 United States ジャック クロフォード DAMS Lucas Oil 7 8

+0.002

1'24.768

0.002 198.541
3 Argentina フランコ コラピント MPモータースポーツ 12 10

+0.006

1'24.772

0.004 198.532
 

前の記事 宮田莉朋、初挑戦のル・マン24時間レースは12位。残り1時間、ワイパーの故障で勝機を逃す「結果は残念。でも良い経験になった」
次の記事 宮田莉朋2番手フィニッシュも、コース外走行で10秒加算……悔しい悔しい7位+ファステストラップ記録。優勝はマルタンス|FIA F2バルセロナ・レース1

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本