F2ヘレス合同テスト最終日:“皇帝2世”ミック・シューマッハー最速タイム。松下は18番手

シェア
コメント
F2ヘレス合同テスト最終日:“皇帝2世”ミック・シューマッハー最速タイム。松下は18番手
執筆:
2019/03/01 10:05

2019年のF2合同テストは最終日を迎え、プレマ・レーシングのミック・シューマッハーがトップタイムを記録した。

 スペイン・ヘレスサーキットで3日間行われるFIA F2の合同テストも最終日を迎えた。初日、2日目とタイムシートの上位に名を連ねていた注目のルーキー、ミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)が1分24秒028でトップタイムとなった。

 続く2番手にジャック・エイトケン(カンポス・レーシング)、3番手にルイ・デレトラ(カーリン)が入った。これまで連続でトップタイムを記録していたニック・デ・フリーズ(ARTグランプリ)は5番手タイムだった。

 シューマッハーと同様、今年からF2にステップアップした“2世ドライバー”であるジュリアーノ・アレジは7番手タイムを記録したが、セッション終了直前にコース上でストップしてしまった。

 F2唯一の日本人ドライバーとして参戦している松下信治(カーリン)は1分25秒257で18番手だった。

 昨年、福住仁嶺が所属したBWTアーデンはルーキーコンビでの参戦となるが、2018年のGP3王者アンソニー・ユベールが19番手、女性ドライバーのタチアナ・カルデロンが20番手に終わった。カルデロンは結果的に、3日間を通して最後尾タイムということになった。

 なお、各車は午前中にベストタイムを記録し、午後からはロングランに専念したため、タイムシートに変化はなかった。

タイム結果(午前のみ)

順位  ドライバー チーム  タイム
ミック・シューマッハ プレマ・レーシング 1'24.028
ジャック・エイトケン カンポス・レーシング 1'24.240
ルイ・デレトラ カーリン 1'24.247
ニコラス・ラティフィ DAMS 1'24.294
ニック・デ・フリーズ ARTグランプリ 1'24.357
ドリアン・ボコラチー カンポス・レーシング 1'24.263
ジュリアーノ・アレジ トライデント 1'24.401
ルカ・ギオット ユニ-ヴィルトゥオーシ 1'24.516
ショーン・ゲラエル プレマ・レーシング 1'24.528
10  リチャード・フェルシュホー MPモータースポーツ 1'24.638
11  ニキータ・マゼピン ARTグランプリ 1'24.753
12  周冠宇 ユニ-ヴィルトゥオーシ 1'24.776
13  セルジオ・セッテ・カマラ DAMS 1'24.853
14  カラム・アイロット ザウバー/チャロウズ 1'24.924
15  ファン-マヌエル・コレア ザウバー/チャロウズ 1'25.020
16  アントニオ・フォッコ トライデント 1'25.023
17  ジョーダン・キング MPモータースポーツ 1'25.176
18  松下信治 カーリン 1'25.257
19  アンソニー・ユベール BWTアーデン 1'25.262
20  タチアナ・カルデロン BWTアーデン 1'26.036
次の記事
F2ヘレス合同テスト2日目:ARTのデ・フリーズが連続トップ。松下信治は14番手

前の記事

F2ヘレス合同テスト2日目:ARTのデ・フリーズが連続トップ。松下信治は14番手

次の記事

F2バルセロナ合同テスト初日:デ・フリーズここでも速し! 松下は午前に7番手タイム記録も総合13番手

F2バルセロナ合同テスト初日:デ・フリーズここでも速し! 松下は午前に7番手タイム記録も総合13番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
イベント Jerez February testing
ドライバー Mick Schumacher
チーム プレマ・レーシング
執筆者 Jack Benyon
Be first to get
breaking news