ユニ-ヴィルトゥオーシ、ロシアンタイムを引き継ぎ、来季F2に参戦

シェア
コメント
ユニ-ヴィルトゥオーシ、ロシアンタイムを引き継ぎ、来季F2に参戦
執筆: Jack Benyon
2018/12/05 7:08

ユニ-ヴィルトゥオーシが、ロシアンタイムに代わって来季からFIA F2選手権に参戦することが決まった。

 2013年からFIA F2(当初はGP2シリーズ)に参戦してきたロシアンタイムが、今季限りで同シリーズから撤退。来季からはユニ-ヴィルトゥオーシが参戦することとなった。

 ヴィルトゥオーシ・レーシングは、2015年からロシアンタイムの運営を担当。合計13勝を挙げるなど活躍してきた。2017年には、チームタイトルも獲得している。

 2018年はアルテム・マルケロフと牧野任祐というラインアップで参戦し、マルケロフ3勝、牧野が1勝という結果だった。

 ユニ-ヴィルトゥオーシのチームオーナーであるアンディ・ロシュは、次のようにコメントしている。

「ユニ-ヴィルトゥオーシが来シーズンのF2でレースすることを発表でき、嬉しく思っている」

「我々はロシアンタイムとの4年間で非常に成功し、非常に楽しんできた。アルテム(マルケロフ)とスヴェトラナ(ストレリニコワ/チーム代表)の幸運と、彼らの将来の計画がうまくいくことを祈りたい」

「ユニ-ヴィルトゥオーシのオーナーであるポール・デブリン、デクラン・ロハン、そして私の3人は、ロシアンタイムだった時代にチャンピオンを獲得した2017年と同じ考え方を続けていくつもりだ。また2019年以降も成功し続けていくために、チームは同じエンジニアリングスタッフと組織を継承していく」

「我々は近いうちに、2019年のドライバーを発表する予定だ。最終決定はまもなく下される」

 先週アブダビで行われたテストでは、ルカ・ギオットと周冠宇のふたりが、同チームのマシンをドライブした。しかしながら、まだ来季ドライバーの発表はない。

 motorsport.comの取材によれば、早ければ1人のドライバーが、水曜日にも発表されるものとみられる。

次の記事
F2アブダビテスト3日目:松下信治7番手でテストを終える。GP3では角田が2番手

前の記事

F2アブダビテスト3日目:松下信治7番手でテストを終える。GP3では角田が2番手

次の記事

新生F3とF2の2019年カレンダー発表。F3はロシアで閉幕、マカオGPに対応?

新生F3とF2の2019年カレンダー発表。F3はロシアで閉幕、マカオGPに対応?
Load comments

この記事について

シリーズ FIA F2
チーム ロシアン・タイム
執筆者 Jack Benyon