F3ムジェロ:レース2はローソンが独走。7位に入ったピアストリがチャンピオンを獲得

FIA F3第9戦ムジェロのレース2が行なわれ、リアム・ローソン(ハイテック)が優勝。オスカー・ピアストリ(プレマ)がチャンピオンを獲得した。

F3ムジェロ:レース2はローソンが独走。7位に入ったピアストリがチャンピオンを獲得

 FIA F3第9戦ムジェロのレース2、そしてシーズン最終レースはリアム・ローソン(ハイテック)がポール・トゥ・ウィン。7位に入ったオスカー・ピアストリ(プレマ)がチャンピオンに輝いた。

 21周のレースがスタートすると、ポールポジションのローソンがトップをキープ。後方ではタイトルを争うローガン・サージェント(プレマ)がクラッシュに巻き込まれ、リリム・ツェンデリ(トライデント)と共に早々にレースを終えることに。

 サージェントはチャンピオン獲得に向けて、オスカー・ピアストリ(プレマ)と同ポイントで並んでおり、サージェントにとっては絶望的な状況となってしまった。

 これでセーフティカーが出動。首位ローソンに、アレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)、デビッド・ベックマン(トライデント)が続いた。ピアストリは7番手だ。

 レースは4周目に再開。ローソンはフィニッシュラインの手前までリスタートを遅らせ、首位をキープ。これで加速が鈍ったか、ピアストリは9番手までポジションを落とした。

 首位のローソンはファステストラップを連発し、スモリャルをDRS圏外に追いやった。8周目には、ベックマンがスモリャルをオーバーテイクした。スモリャルはその後、ズルズルとポジションを落としていってしまった。またピアストリはチームメイトのフレデリック・ベスティにオーバーテイクを許し、10番手に下がった。

 2番手に上がったベックマンにローソンを追う力はなく、ローソンがリードを広げていった。

 ローソンは7秒リードでファイナルラップに突入。そのまま危なげなくトップチェッカーを受けた。2位はベックマン。3位にはテオ・プルシェール(ARTグランプリ)が入った。

 ピアストリは、フィニッシュ直前にセバスチャン・フェルナンデス(ARTグランプリ)を交わし7位でチェッカー。サージェントを4ポイント、プルシェールを3点上回り、今季のF3チャンピオンに輝いた。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 New Zealand リアム ローソン United Kingdom ハイテック 21 36'30.379     181.097 15
2 Germany デビッド ベックマン Italy トライデント 21 36'38.185 7.806 7.806 180.454 12
3 France テオ プルシェール France ARTグランプリ 21 36'39.572 9.193 1.387 180.341 10
シェア
コメント
FIA F2&F3、来季からラウンド数を減らし3レース制に? コスト削減案を検討中

前の記事

FIA F2&F3、来季からラウンド数を減らし3レース制に? コスト削減案を検討中

次の記事

“ウェーバー師匠”の指導の下、F3王者に成長。豪州期待のピアストリをリカルドが称賛

“ウェーバー師匠”の指導の下、F3王者に成長。豪州期待のピアストリをリカルドが称賛
コメントを読み込む