F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
5 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
34 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
21 days

F3カタルニア予選:シュバルツマンが逆転ポール。角田裕毅は10番手

シェア
コメント
F3カタルニア予選:シュバルツマンが逆転ポール。角田裕毅は10番手
執筆:
2019/05/10 16:46

FIA F3選手権の開幕戦カタルニアの予選は、ロバート・シュバルツマン(プレマ)がポールポジションを獲得した。

 F3ヨーロッパ選手権とGP3が統合される形で、今季から新たにスタートしたFIA F3選手権。その開幕ラウンド、カタルニアの予選が行われ、ロバート・シュバルツマン(プレマ)がポールポジションを獲得した。

 30分の予選がスタートし各車がコースインするが、レオナルド・プルチーニ(ハイテック)はコースインできず。どうやらトラブルが起きたようで、チームスタッフがエンジンカウルが開ける場面があった。

 また、アレッシオ・デレッダ(カンポス)もターン1のランオフエリアでマシンを止めたため、セッションは開始から4分で赤旗中断となった。

 セッションが再開されると、まずはロバート・シュバルツマン(プレマ)が1分32秒597でトップに。チームメイトのジャン・ダルバラが2番手、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)というトップ3となった。

 角田裕毅(イェンツァー・モータースポート)は12番手、名取鉄平(カーリン)は29番手でピットに戻り、2度目のアタックに備えた。

 シュバルツマンは他のドライバーに先駆けて再びコースイン。全セクターで全体ベストを更新し、1分32秒241までタイムを伸ばすと再びピットに戻った。

 残り9分を切ると、その他のマシンが続々とアタックへ。ここで大きくタイムを上げたのが、クリスティアン・ルンガー(ARTグランプリ)。1分32秒083を叩き出し、13番手からトップまでジャンプアップした。

 ほぼ全車がコース上で最後のアタックに臨む中、ルンガーはセクター1で全体ベストを更新。しかしセクター2でタイムをロスし、ラップタイム更新はならなかった。

 ルンガーのポールポジションが決定かと思われたが、シュバルツマンが最後のアタックで1分31秒975をマーク。土壇場で唯一の1分31秒台を叩き出しポールポジションを獲得、4ポイントを手にした。

 2番手はルンガー。3番手にはマーカス・アームストロング(プレマ)、4番手にダルバラと、2列目までにプレマが3台のマシンを送り込んだ。

 角田は一時は7番手まで浮上したものの最終的に10番手。同じレッドブルカラーのマシンを駆るヴィップスをひとつ上回った。名取は28番手で予選を終えている。

→【タイム結果】FIA F3開幕戦カタルニア:予選

次の記事
DAZNスペインGPの配信スケジュール決定。F3も開幕し、全3カテゴリーが揃い踏み

前の記事

DAZNスペインGPの配信スケジュール決定。F3も開幕し、全3カテゴリーが揃い踏み

次の記事

【動画】F3カタルニアラウンド 予選ハイライト

【動画】F3カタルニアラウンド 予選ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
イベント カタルニア
ドライバー Robert Shwartzman
チーム プレマ・レーシング
執筆者 松本 和己