F3シュピールベルク:12番手スタートのハウガーが乱戦制す。岩佐歩夢は10ポジションアップで9位入賞

FIA F3ラウンド3のレース1が行なわれ、プレマのデニス・ハウガーが優勝した。19番グリッドスタートの岩佐歩夢は9位入賞を果たした。

F3シュピールベルク:12番手スタートのハウガーが乱戦制す。岩佐歩夢は10ポジションアップで9位入賞

 2021年FIA F3第3戦シュピールベルクのレース1がオーストリアのレッドブルリンクで行なわれた。24周のスプリントレースを制したのはデニス・ハウガー(プレマ)だった。

 前日に行なわれた予選ではポイントリーダーのハウガーがトップタイムをマーク。レース3のポールポジションを手中に収めた。レース1は予選上位12名によるリバースグリッドとなるため、予選12番手のローガン・サージェント(チャロウズ)がポールポジション、ハウガーは12番グリッドとなった。岩佐歩夢(ハイテック)は19番グリッドから追い上げを目指した。

 スタート直後の1コーナーで首位に立ったのは2番グリッドのマッテオ・ナニーニ(HWA)。そこにサージェント、クレメント・ノバラク(トライデント)が続いた。岩佐は2周目には14番手まで順位を上げた。

 レース序盤は上位陣のオーダーに変動はなく、膠着状態が続いていたが、9周目のターン4でサージェントがナニーニをオーバーテイクしたのを皮切りに、ノバラクも含めた上位3台の争いは激化した。3台の間で毎周のように首位が入れ替わるような展開の中、オリー・コールドウェル(プレマ)、ハウガーらもその集団に追い付き、5台による優勝争いとなっていった。

 19周目にノバラクが首位に立ち、ナニーニと激しいポジション争いを演じていたが、両者は21周目のターン4で接触。共にコースオフして順位を落とし、一転してハウガー、コールドウェルというプレマ勢のワンツー体制となった。

 ハウガーはそのまま逃げ切りトップチェッカー。12番グリッドから見事な追い上げを見せて今季2勝目を挙げた。彼はレース3でのポールポジションが決まっているため、このラウンドで一気にチャンピオンシップのリードを広げる可能性もある。2位はコールドウェル、3位はサージェントだった。

 岩佐は乱戦の中で着実に順位を上げていき、終盤は6番手集団につけた。彼は最終的に9位に入り、ポールリカール戦から続く連続入賞を4レースに伸ばした。なお、レース2はレース1の上位12台がリバースグリッドとなるため、岩佐は2列目4番グリッドからのスタートとなる。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Norway デニス ハウガー Italy プレマ 24 -        
2 United Kingdom オリー コールドウェル Italy プレマ 24 0.400 0.400 0.400    
3 United States ローガン サージェント Czech Republic チャロウズ 24 3.000 3.000 2.600    
4 France Victor Martins Netherlands MPモータースポーツ 24 4.000 4.000 1.000    
5 Jak Crawford United Kingdom ハイテック 24 4.700 4.700 0.700    
6 Caio Collet Netherlands MPモータースポーツ 24 5.200 5.200 0.500    
7 Australia ジャック ドゥーハン Italy トライデント 24 6.500 6.500 1.300    
8 Italy マッテオ ナニーニ Germany HWA 24 7.200 7.200 0.700    
9 Ayumu Iwasa United Kingdom ハイテック 24 7.500 7.500 0.300    
10 Russian Federation アレクサンダー スモリャル France ARTグランプリ 24 8.000 8.000 0.500    
シェア
コメント
F3シュピールベルク:予選はハウガーが今季2度目のPP。岩佐歩夢は19番手
前の記事

F3シュピールベルク:予選はハウガーが今季2度目のPP。岩佐歩夢は19番手

次の記事

岩佐歩夢、F3オーストリア戦のレース1で19番手から追い上げ9番手フィニッシュも失格に。オレンジボール旗に従わず

岩佐歩夢、F3オーストリア戦のレース1で19番手から追い上げ9番手フィニッシュも失格に。オレンジボール旗に従わず
コメントを読み込む